• トップ
  • ニュース
  • 中学野球関連
  • U-15で躍動した「積極性溢れるショートストップ」 八谷晟歩(佐賀フィールドナイン)が歩むのは田中広輔(広島)の道

U-15で躍動した「積極性溢れるショートストップ」 八谷晟歩(佐賀フィールドナイン)が歩むのは田中広輔(広島)の道

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.05

八谷晟歩(佐賀フィールドナイン)

 愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催された「U-15アジアチャレンジマッチ2019」。侍ジャパンU-15代表は、11月24日のチャイニーズ・タイペイ戦で10対0の5回コールド勝ちを収めて5大会連続優勝を達成した。

 今大会、本格派左腕の西田稀士郎と共に佐賀フィールドナインから代表に選出された八谷晟歩は、2番・遊撃手として2試合に出場。6打数3安打3打点と結果をきっちりと残し、実力派内野手として存在感を示した。

 八谷のプレースタイルを一言で表すなら、「アグレッシブ」だ。
 守備ではミスを恐れずに前へ出る姿勢が素晴らしく、打者としても積極的にスイングしていく心構えが備わっている。また足も速くて体が強いため、一つ一つのプレーに躍動感があり、右左の違いはあるが広島東洋カープの田中広輔のプレースタイルを思わず重ね合せてしまう選手だ。

 持ち前の「積極性」で侍ジャパンU-15代表の日本一に大きく貢献した八谷であるが、大会後には「皆で優勝できたことが嬉しいです」と思わず笑みをこぼした。 この大会での経験を活かして、もちろん高校野球でも活躍していきたいところであるが、その一方で今大会では課題も見つかったと八谷は語る。

 「みんなのレベルが高くて自分もついていくのに必死でした。特に守備では、同じポジションの選手よりも捕ってからのスピードが全然違いました。高校では1年生から試合に出場できるように、そこをしっかり練習していきたいと思います」

 高校野球では更なる成長を求めて、九州を出て野球に打ち込んでいくと話す八谷。その積極的なプレースタイルで今後は甲子園を沸かせて欲しい。

(記事=栗崎 祐太朗)

関連記事
3年後のドラフトを目指せ!高校野球での活躍が楽しみな中学球児【野手編】
海老根優大が中学通算26本目のホームラン!侍ジャパンU-15代表が初戦をコールドで勝利
高校野球のスカウトが中学球児を見る視点 強豪校を破るためのリクーティングと育成方法とは?

【関連記事】
第137回 福原、畔柳、藤森…2018年U-15代表のコーチが語る逸材たちの素顔【東日本編】【高校野球コラム】
ボーイズリーグは全チームを活動禁止に。高校新1年生は入寮できない事態も 【ニュース - 中学野球関連】
U-15日本代表選手の中から注目の4名をピックアップ それぞれの特徴と将来性は? 【ニュース - 高校野球関連】
第972回 2018年の侍ジャパンU-15日本代表の現在地 選抜甲子園には5名が出場の可能性【高校野球コラム】
第988回 【U-15アジアチャレンジマッチ総括】ほとんどが強豪校内定のU-15代表。「未来の甲子園のスター」は何人出るか?!【大会展望・総括コラム】
U-15日本代表vsフィリピン代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vsチャイニーズ・タイペイ代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
U-15日本代表vs松山市代表【U-15アジアチャレンジマッチ2019】
第909回 責任感と自覚が芽生えた「負けず嫌いなムードメーカー」 角田蒼汰(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
U-15アジアチャレンジマッチ2019

コメントを投稿する

前の記事:
山田哲人が復調!履正社高校OBの日本代表選手は?
次の記事:
【愛知】決勝は中京大中京vs東邦!<27日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る