試合レポート

木更津総合vs千葉経大附

2016.07.25

早川隆久、5失点ながら完投勝利!木更津総合が決勝の舞台へ!

 準決勝第2試合、決勝への切符をかけた最後の戦いは、両エースの投げ合い。最後まで気の抜けない試合となった。

 木更津総合は絶対的エース・早川 隆久、そして千葉経大附はこちらも好投手・中村 亮太の先発で始まった試合、まず動かしたのは木更津総合だった。
2回表、木更津総合は先頭の4番・鳥海 嵐万がエラー、5番・山下 輝が内野安打で出塁。どちらも中村としては打ち取ったものだが、当たりが悪すぎて功を奏した形だ。続く6番・細田 悠貴が送り一死二三塁。ここで7番・井上瑞樹がセンターへ犠牲フライを放ち、木更津総合が1点を先制する。

 木更津総合先発の早川は、上々の立ち上がり。テンポよく、かと思えばボールを長く持ったりと一辺倒では無い投球で相手のリズムを狂わせる。千葉経大附の各バッターは「追い込まれる前に」とでも言うように早いカウントから手を出し、打ち上げてアウトにされてしまう。
それでも打順が2巡目に入ると、千葉経大附が徐々に早川を捉え始める。

 そして5回裏、千葉経大附は先頭の6番・保谷 雄志がヒットで出塁。これで3イニング連続で先頭打者が出塁となる。7番・古茶 椋汰がバントで送り、一死二塁。二死となった後、9番・中村 亮太が自らタイムリーを放ち同点に追いつく。さらに1番・小川 寛智がヒットで続き二死一二塁。さらに2番・滋野 航太が四球を選び、二死満塁とすると、3番・長谷川 武がレフト線へ2点タイムリーツーベースを放ち勝ち越しに成功。さらに4番・坂巻 尚哉がライトの頭上を越すタイムリースリーベースで2点を追加と、この回一挙5点を奪い逆転、リードを広げる。

 一方、千葉経大附先発・中川は、失点した2回以外は先頭打者を抑えチャンスを作らせない。逆転した後の回も木更津総合のクリーンナップを三者凡退に抑えるなど隙が無い。しかし相手は選抜で幾多の修羅場を体験してきた木更津総合。やはり反撃が待っていた。

 7回表、木更津総合は先頭の6番・細田がサード強襲のヒットで出塁。盗塁、エラーで三塁まで進むと、一死三塁から8番・早川がファーストへ内野安打を放ち、1点を返す。さらに9番・大澤 啓夢がヒットで続き、一死一二塁。そして1番・峯村 貴希の打球はセンター前へ。1点追加と思いきや、さらにこの打球処理にもたつく間にランナーが2人還り1点差に。打った坂巻は二塁へ進み、その後二死三塁となった後、3番・小池がタイムリーを放ち、この回4点目。お返しとばかりに一気に同点に追いつく。

 こうなると、やはり木更津総合が底力を見せてくる。8回にもチャンスを作り、得点には至らずとも千葉経大附を揺さぶると、その裏の攻撃を3人でぴしゃりと抑え勢いを完全に削ぐ。そして9回表、一死から2番・木戸涼がツーベース、3番・小池が内野安打で出塁。一死一三塁とすると、4番・鳥海がセンターへと打球を飛ばす。犠牲フライには十分。木戸がホームへと還り1点勝ち越し。
その裏の攻撃を3人で抑え千葉経大附を振り切ることに成功。6対5で勝利し決勝戦へと駒を進めることとなった。

 早川は失点した5回裏、実はその直前の攻撃で死球を受けており、その影響も出たか?とも思われた。しかしそれを言ったら千葉経大附の中村も3回に死球を受け、その後を抑えている。影響があったとしても、それを言い訳に使うには早川にも失礼だろう。ともあれ、ストライク、ボールがはっきりしていたし、投球の間等も一辺倒だったように見える。だがそこから立て直して6回以降を抑えたのは、様々な経験を積んできたからこその強さゆえだろう。今日のこの「5失点しながら完投し、勝つ」という経験が明日の決勝にどう生きるか、注目したい。

(文=青木 有実子

【試合経過をみる】

木更津総合vs千葉経大附 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード