News

【春季関東大会】強豪校を立て続けに撃破!初優勝飾った白鷗大足利・直井秀太監督は「もう夏だぞと力強く伝えたい」気を引き締めていざ夏の甲子園へ!

2024.05.26


優勝した白鷗大足利の選手たち

【トーナメント表】春季関東大会 結果一覧

<春季関東大会:常総学院4-5白鷗大足利◇26日◇決勝◇上毛新聞敷島球場

春季関東大会の決勝は、白鷗大足利が延長タイブレークの激闘を制した。

直井 秀太監督は、「5回までは甲子園に出られているチームとそうでないチームの差を感じた」と振り返ったが、「野澤 瑛斗投手(2年)が球場の雰囲気を変えるような投球をしてくれた。私の想像以上の働きをしてくれたので、嬉しい誤算だった」と喜んだ。監督も絶賛の野澤は、「主将の篠原 飛羽内野手(3年)が『失点をしても、4点しか取れなかった野手の責任だから』と、話してくれた。10回のタイブレークでも、1失点は仕方ないと思って投げたことがいい投球に繋がった」と語っていた。

チームは先制点をあげたものの、その後に4失点を許し、追いかける展開が続いた。それでも7回に2点を返すと、8回に小野寺 応助捕手(3年)が試合を振り出しに戻す同点打を放った。小野寺は、「自分の弱点であるインコースが今日は捌けていなかったので、相手バッテリーが攻めてくると思った」という読み通り、インコース高めのストレートを強振した。直井監督も、「県大会から”いいところでの小野寺”というのがあった。秋に怪我をしてマスクを被れなかった悔しさを死に物狂いで脱却してくれた」と称えていた。

関東大会初優勝を飾り、夏に向けても弾みをつける結果となった。直井監督は、「夏の甲子園を是が非でも勝ち取りたい。全国で勝ちたいということを目標にしてきた。毎年涙を流す3年生も見てきて、今年も覚悟を決めた1年だった」と語り、「選手達にはもう夏だぞと。力強く伝えたいと思います」と、既に切り替え、夏にかける強い思いを口にしていた。

【トーナメント表】春季関東大会 結果一覧

<関連記事>
◆【春季関東大会】白鷗大足利が初優勝!最後はタイブレークの末サヨナラ死球で幕切れ!
◆【春季関東大会4強チーム紹介】プロ注・昆野と山口の二枚看板が完成した白鷗大足利!プロ注目投手擁する前橋商、東海大相模を撃破した打線は強力だ!
◆【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利・昆野の攻略ならず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」
◆【春季関東大会注目投手一覧】
◆【春季関東大会注目野手一覧】

 

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.07.05

6日兵庫大会が開幕!春夏8度甲子園出場の神港学園が登場【2024夏の甲子園】

2024.07.05

愛知大会は6日に1、2回戦!昨秋4強、21世紀枠推薦校の小牧南がリベンジの夏へ【2024夏の甲子園】

2024.07.05

大阪大会は京セラドーム大阪で6日に開幕、大阪桐蔭は14日、履正社は14日に初戦【2024夏の甲子園】

2024.07.04

「学校と地域に支えられて戦う」県内有数の進学校・磐田南(静岡)、“潔く”戦って最高の夏に【野球部訪問】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.30

突然の病で右半身が麻痺した「天才野球少年」が迎える最後の夏 あきらめなかった甲子園出場の夢、「代打の一打席でもいいから……」

2024.07.05

白山高元監督の“下剋上球児”再現はあるのか!? センバツ1勝の宇治山田商、2年生集団で東海大会準優勝の菰野など各ブロックの見所を紹介【2024夏・三重大会展望】

2024.06.29

北海は道内29連勝なるか、東海大札幌VS札幌日大の強豪対決も、30日に札幌支部で代表決定戦【2024夏の甲子園】

2024.06.29

激戦区・愛知が開幕!ノーシードから4連覇狙う愛工大名電が17得点の圧勝発進、大府、愛知産大三河も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

最下位、優勝、チーム崩壊……波乱万丈のプロ野球人生を送った阪神V戦士「野球指導者となって伝えたいこと」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!