試合レポート

【春季関東大会】帝京打線が勢い止まらず初戦コールド勝ち!9番・安部育規が1試合2発!「夏までにはクリーンアップ打ちたい」と意欲

2024.05.20


<春季関東大会:鹿島学園2-9帝京>◇19日◇2回戦◇高崎市城南野球場
春季東京都大会で連覇を達成した帝京は、関東大会でも破壊力抜群の打線が爆発し、初戦を7回コールの9対2で突破した。

鹿島学園のエース左腕・中根 健太郎投手(3年)に先制打を許すと、1点を返したが要所を抑える投球でリードされたまま試合が進んだ。そんな重苦しい空気を一振りで変えたのが9番の安部 育規外野手(3年)だった。5回に迎えた打席では、「先頭バッターだったので、左中間に長打を狙っていた」と、2球目のチェンジアップを振り抜き、左中間へのホームランで同点に追いつく。さらには、続く6回にも甘く入ったストレートを捉えて2打席連発。チームを勢い付ける貴重な3ランを放った。「秋からウエートトレーニングを重ね、体重が増えたことで詰まっても打球が飛ぶようになった」と好成績の要因を語っていた。

安倍のホームランで勢いに乗った打線は、主将の西崎 桔平内野手(3年)、奈良 飛雄馬内野手(3年)の連発などでコールド勝ち。都大会同様に上位打線が破壊力を見せつけた。どこからでも長打を放てるのが今年の帝京打線の魅力。下位打線からチャンスを作り、ランナーを溜めた状態で上位打線へと繋ぐ活躍を見せてきた安倍も、「1番から5番までは打力もあって任せられる」とチームメイトへの信頼も厚いが、「夏までにはクリーンアップを打ちたい。率をあげるためにも追い込まれた打撃を練習で積んできたい」と野望を語っていた。

次戦に向け金田 優哉監督は、「都大会から変わらず、一戦必勝で戦っていきたい」と話す。準々決勝は同じくコールド勝ちで勝ち上がってきた花咲徳栄と対戦する。

〈関連記事はこちら〉
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商