試合レポート

【春季関東大会】5回参考ながらノーノー達成!花咲徳栄・上原堆我は春先に苦しんだ制球力磨いて抜群の投球を披露!

2024.05.20


<春季関東大会:花咲徳栄10-0日大明誠>◇19日◇2回戦◇高崎市城南野球場
13年ぶりに春季県大会優勝を果たした花咲徳栄。関東大会初戦では、公式戦初先発となった最速148キロ右腕・上原 堆我投手(3年)が、5回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

春先は制球力に苦しみ、練習試合から2週間実戦から遠ざかっていた上原。県大会でも「力が入ってしまい、上半身だけで投げていたので乱れてしまった」と、思い通りのパフォーマンスとはならなかった。悔しさを晴らすべく、関東大会までの期間には下半身のうまく使いための練習に時間をかけた。「下半身に意識を置くため、後ろの足を上げず、地面にすったまま投げる練習を取り組んできた。試合中にも練習の投げ方を意識したことで、いい投球に繋がった」と、改善の成果を実感。この日の最速は139キロにとどまったが、ストレートで押す投球が光っていた。

5回2アウトまで一人のランナー許さず、続くバッターもカウント2-2まで追い込んだ。決め球は「左バッターに試したかった」と、春に習得した縦変化のスライダーをこの日初めて投じたが、暴投となり振り逃げで出塁を許す。それでも最後のバッターを三振に切って取り、65球8奪三振で5回参考ながらノーヒットノーランを決めた。

県大会決勝が終わった時点で公式戦初先発を告げられ、「やっときたか」。今後に向けても、「打線が注目されているが、夏までには投手陣の失点を少なくしていきたい」と意気込んでいた。

投打で圧倒し、好スタートを切ったチーム。準々決勝では帝京と対戦する。

<関連記事はこちら>

◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】

 

この記事の執筆者: 塩澤 風太

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商