試合レポート

【春季関東大会】選抜ベスト4の中央学院を追い込んだ常総学院の鉄壁の守備力!149キロ右腕の小林の活躍でコールド勝ち!

2024.05.20


小林 芯汰(常総学院)

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

<春季関東大会:常総学院10-3中央学院>◇19日◇2回戦◇上毛敷島野球場

常総学院vs中央学院のセンバツ出場校同士の一戦は10対3で常総学院が8回コールド勝ちで勝利を収めた。
両チームとも各打者のスイングスピード、守備力の高さ、スピード感ともにハイレベルで、中盤までは緊迫した攻防となったが、試合を分けたのは守備力だ。

捕球、送球の基礎的な守備力はもちろんだが、常総学院の選手たちは視野が広く、連係プレーも無駄がない。3回表に先頭打者の出塁を許したが併殺に打ち取り、4回表、3対2でリードし、一死二、三塁のピンチの場面ではセカンドゴロで同点に許したが、三塁を回った二塁走者が大きくオーバーランしたのを見逃さず、三塁でアウト。走者の動きを良く見ていたナイスプレーだった。セカンドの丸山 隼人内野手(3年)はこう語る。
「チームでは普段の守備練習から相手の隙を逃さないことを意識して練習をしています。中央学院は機動力のあるチームだからこそ、オーバーランが大きくなるのは想定していました。その隙をついてチームで出来たと思います」

また7回表には二死二塁のピンチから左前安打を打たれたが、鮮やかな連係プレーで補殺を記録し、同点を許さなかった。この守備に島田 直也監督は
「うちは守備のチームですから、こういう練習をずっとやってきました。キャッチボールができていたと思います」と称賛した。

この堅い守備に中央学院は追い詰められた雰囲気があった。野手陣の足の動きが重くなったり、選抜や県大会で見られた元気が感じられなかった。そうなると、バッテリーの配球が淡泊になったり、普段見られないミスが終盤に見られた。そこを逃さなかった常総学院は7回に1点を追加し、8回には5点を入れてコールド勝ちを収めた。

個人では149キロ右腕の小林 芯汰投手(3年)が選抜から成長を見せている。
「選抜では変化球に頼りすぎていたので、もう一度、直球を磨き直しました」

投球フォームでは二段モーション気味の上げ方に変更した。足を上げてから踏み出すまでの動きが速くなり、ボールに勢いを伝えられたことで、平均球速が140キロ前半まで上がり、力で押せるようになっていた。選抜では130キロ後半の直球が多く、威力に物足りなさを感じていたので、小林らしい投球ができるようになっていた。

1回表、蔵並 龍之介投手(3年)に2ランを打たれ、「内角を攻めず、安易に外のカットボールを投げてしまい、逃げの配球になってしまった」と悔やんだが、そこからストレート中心の配球で強打の中央学院打線に6回3失点の力投を見せた。島田監督は「ストレートがだいぶ良くなっているので、期待はしていました。1回の2点は仕方ないと思います。そこからだいぶ立て直しましたが、まだ走者が出ると投げ急ぎが目立って手投げになる傾向があります。その改善を次の試合に期待します」とコメント。小林も走者を背負ってからの投球を反省していた。

打者としては4打数3安打3打点。二塁打2本。そして8回裏に試合を決定づける3ランを放った。この一打に「インコースのフォークを打ち返すことができた。ポール際だったのでファウルになるかなと思っていましたが、入ってくれて驚きました。追加点を入れることができてよかった」と喜んだ。打撃練習が好きでよく練習をする小林の長打力は目を見張るものがある。

エースの成長と堅い守備が光った常総学院。次の相手は健大高崎との対戦になるが、1点を争う好勝負を期待したい。

【トーナメント表】春季関東地区大会 結果一覧

<関連記事>
◇【春季関東大会】センバツ出場校同士の一戦は常総学院がコールド勝ち!エース・小林が貴重な3ラン!!
◇【春季関東大会注目野手一覧】
◇【春季関東大会注目投手一覧】

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

今年の埼玉はプロ注目左腕2人が牽引! WBC優勝戦士の弟にも注目!夏を盛り上げる17人の好投手たち【埼玉注目投手リスト】

2024.06.18

埼玉の抽選決定!春王者の花咲徳栄は越谷東と初戦、連覇狙う浦和学院は正智深谷と対決!【2024年夏の甲子園】

2024.06.18

【宮崎】19日に抽選会!本命なき戦いか、投手の延岡学園、打の宮崎商が大会をリード<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.18

【大分】19日に抽選会!大本命の明豊に、大分舞鶴、津久見、佐伯鶴城らが迫る<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.14

15日に夏の甲子園抽選会!超激戦区・愛知が誇る逸材を一挙紹介!素材の宝庫・愛工大名電、中京大中京の149キロ右腕…そしてモイセエフはどこまで成長したのか?今年も全国クラスの逸材が点在!【注目選手リスト】

2024.06.13

圧倒的馬力! 鹿児島実の151キロ右腕・井上 剣也の実力を徹底分析!ライバル・神村学園を翻弄する投球術を身に付けられるか?<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.06.13

戦国千葉の組み合わせが決定!専大松戸のブロックに八千代松陰、市立柏ブロックに木更津総合、流通経済大柏と激戦ブロックが続出!【2024夏の甲子園】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得