News

京都国際の卒業生進路紹介! 5年連続プロ入り達成の快挙の一方で強豪大進学者も続々

2024.05.16


京都国際時代の濱田 泰希、杉原 望未

京都の強豪・京都国際の卒業生の進路を紹介していきたい。昨年の春は京都府大会優勝。夏はベスト8に終わった。

エースを務めた杉原 望来投手は広島育成3位指名、濱田 泰希内野手は日本ハム育成1位指名、長水 啓眞投手はソフトバンク育成8位指名を受け、同校の5年連続高卒プロ入りが実現した。杉原はエースとして近畿大会1回戦で完封、濱田は大型外野手として活躍していたが、夏前からショートの守備練習を始め、遊撃手としてプロ入りした。長水は公式戦登板はわずかだったが、キレのあるストレートを投げ込む速球派左腕だ。

ほかでは2年夏に甲子園登板もあった松岡 凜太朗投手は桐蔭横浜大、金沢 玲哉内野手は中京大に進学する。

【京都国際野球部 卒業生進路】
杉原 望来投手(広島)
長水 啓眞投手(ソフトバンク)
松岡 凜太朗投手(桐蔭横浜大)
佐藤 甲愛内野手(東農大オホーツク)
金沢 玲哉内野手(中京大)
濱田 泰希内野手(日本ハム)
小林 春輝内野手(創価大)
中西 大馳外野手(奈良学園大)

【関連動画】
スカウトだけが知る逸材、大型遊撃手など!今年の京都国際のドラフト候補も魅力たっぷり!

【関連記事】
◆【一覧】強豪校・名門校の昨年度卒業生進路
◆【一覧】大阪桐蔭野球部 卒業生進路
◆【一覧】近江野球部 卒業生進路
◆【一覧】智辯和歌山野球部 卒業生進路
◆【一覧】智辯学園野球部 卒業生進路

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商