試合レポート

【春季新潟県大会】日本文理が2季連続決勝進出!今年は控え選手も充実で競争激化

2024.05.12


日本文理・倉石健亮

【トーナメント表】春季新潟県大会 結果一覧

<春季新潟県高校野球大会:日本文理3-1開志学園>◇11日◇準決勝◇長岡市悠久山

今春の新潟県大会のベスト4は、昨秋の県大会と全く同じ顔ぶれとなった。それだけ、新潟県内でも、勢力構図が固定してきたということであろうか。また、今季はこのベスト4に残ったチームの力が抜けているとも言えようか。

昨秋の県大会で優勝したのは、県内では最も実績のある日本文理だった。この春も確実に勝ち上がり、準々決勝では昨夏初優勝して甲子園初出場を果たした東京学館新潟に完封勝ちしてのベスト4進出である。

開志学園も、昨秋に続いてのベスト4進出となっている。昨秋は3位決定戦で関根学園に敗れて北信越大会進出を逃している。しかし、近年、躍進著しい新潟県の新鋭校の1つと言っていいであろう。この春も準々決勝で、6対4で六日町に競り勝って準決勝に進出した。

開志学園は県内でも注目投手の1人に挙げる声もある亀山 心太投手(3年)が先発。日本文理も1番をつけた丸山 慶人投手(3年)が先発。まずはお互いに様子を見合うような感じの立ち上がりではあったが、どちらも立ち上がりは無難だった。

特に亀山投手は2イニング、6人に対してスイスイと投げて3人ずつで抑えていたが、先制したのは日本文理だった。3回先頭の7番・宇野 純平内野手(3年)がチーム初安打を放つと、バントで進み内野ゴロの間に三塁まで進む。ここで、1番・滝澤 友陸内野手(3年)が三遊間をゴロで破る安打を放って三塁走者をかえす。滝澤は「毎試合と言っていいくらいに、タイムリーを放っている」(鈴木 崇監督)という安定感もある。さらに、盗塁と四球で一、二塁となったところで、早い回で代わって途中から3番に入っていた小川 翔大内野手(3年)が右前打を放って二塁走者をかえして、この回2点目を挙げた。

日本文理の鈴木崇監督は、予定通りに丸山投手は4回で交代させ、2番手には左腕・ 野本 蒼太投手(3年)を送り出した。野本投手は7回には2死一、三塁から適時打を許し、三塁走者の生還を許したものの、それ以外は走者を出しても併殺などもあって、3イニングを無難に抑えていた。

1点差とされた7回、日本文理は四球とバント失策でチャンスを作りかけたが、併殺打で2死三塁となる。チャンスが潰れかけたかと思われたが、ここで8番ながら勝負強い杣木が三遊間を破る適時打を放ち、再び2点差とした。

8回からは、日本文理のマウンドには、右翼を守っていた4番打者の倉石 健亮投手(3年)が上がった。8回はピシャリと3人で抑え、9回も先頭打者には安打されたものの、併殺で切り抜けて結果的には3人で抑えた。スコアとしては2点差だったが、日本文理は危なげなく、しっかりとリードをキープしながら快勝したと言ってもいいであろう。

鈴木 崇監督は、「ヒットはあまり出なかったけれども、相手の投手はいいという評判なので、こうした苦しい中でもセンター返しを心がけて、好投手から何とか点を取っていけたことはよかった」と、大きい当たりはなくても、コンパクトに振り抜いていきながら活路を見出していった打線の食い下がりは評価していた。

チームとしては、今年はインフルエンザの流行などもあって苦しんだ時期もあったというが、そんな中でも着実に、地力はついてきていると感じているようだ。「部員も多い中で競い合ってきてくれているので、2ケタ番号の控え陣が充実してきている。だから、チームとしてもリニューアルしながらチーム力を蓄えていって行けるチームになっている」と感じているようだ。

開志学園は、躍進しながらも、このベスト4の壁が立ち塞がってきているようだ。川上 大輔監督としても、夏までには、ここを突破していく力をつけていきたいところであろう。

【トーナメント表】春季新潟県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?