News

花咲徳栄がベスト4!ドラフト候補・石塚裕惺は3打数1安打、2つの申告敬遠も

2024.05.02


塁上から仲間に声をかける石塚裕惺(花咲徳栄)

<春季埼玉県大会:花咲徳栄4-1熊谷商>◇2日◇準々決勝◇県営大宮

花咲徳栄熊谷商を下し、3季連続ベスト4入りした。143キロ右腕の中村 謙吾投手(3年)の前に苦しみ、6回まで0対0だったが、7回に敵失から1点を先制。5番田島 蓮夢外野手(2年)の2点適時打で3点目を入れた。8回表にも1番生田目 奏外野手(3年)の適時二塁打で4点目を挙げた。3投手のリレーで粘る熊谷商打線を1失点に抑えた。

ドラフト候補に挙がる大型遊撃手・石塚 裕惺内野手(3年)は3打数1安打2四球。
第1打席に左中間へ安打。外野手の守備位置が深かったのと、緩慢な送球を見逃さず、二塁へ陥れた。記録は二塁打に。第2打席は申告敬遠。第3打席はレフトへ大きなフライ。第4打席は申告敬遠、第5打席はサードライナーだった。
打席を振り返って石塚は「第1打席は自分が初めての右打者(1,2番が左打者)なので、初回はアウトコース中心に入ると思っていた。甘く入ったのを打てた。二塁に行けたのは守備位置だけではなく、昨日の雨で下がゆるい状況なので、二塁に行ける準備はしていた。ただ申告敬遠のあと3打席目は引っ張りにかかってしまった」と冷静に分析しており、準決勝の活躍にも期待がかかる。

<関連記事>
【一覧】埼玉県 夏のシード権獲得16チーム
【一覧】埼玉 注目選手リスト
【トーナメント表】春季埼玉県大会地区予選 結果一覧
【一覧】2024年 高校生ドラフト候補リスト
【一覧】全国スーパー1年生リスト

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商