試合レポート

【春季滋賀県大会】八幡商がサヨナラ勝ちで延長戦を制す

2024.04.29


9回裏に同点の犠飛を放った出口智輝(八幡商)

<春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会:八幡商5-4瀬田工>◇28日◇3回戦◇HPLベースボールパーク

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

八幡商瀬田工との熱戦を制して3季連続の8強進出を果たした。

八幡商先発の増田 優輝(3年)は制球力の高い右腕。この日もコースを丁寧に突く投球で、3回までパーフェクトピッチングを続ける。

しかし、4回表に二死から3番・矢野 陽介(3年)のバントヒットで初出塁を許すと、4番・小辻 薫(3年)に左越え適時二塁打を打たれて先制を許す。さらに5番・浜浦 真之介(3年)の右前適時打で追加点を奪われてしまった。

それでも八幡商はその裏に二死満塁から9番・南部 凌音(3年)の左前適時打で1点を返すと、5回裏には相手の失策で同点に追いつく。

試合を振り出しに戻した八幡商は6回裏にも二死から連打で一、三塁のチャンスを作ると、ここまで3安打を放っている2番・磯部 煌太(2年)の右前適時打で勝ち越しに成功。この試合で始めてリードを奪った。

このまま逃げ切りたい八幡商だったが、8回表に一死一、二塁のピンチを招くと、ここで左腕の小西 由楓(3年)に継投。小西は四球で満塁とピンチを広げ、5番の浜浦に犠飛を打たれて同点に追いつかれてしまう。

さらに二死一、三塁とピンチは続き、6番・辻 大吉(3年)にも三遊間に痛烈な当たりを打たれる。これを遊撃手の安部 優大(3年)が飛び込んで捕球し、一塁に送球したが、惜しくもセーフとなり、逆転を許してしまった。

1点を追う八幡商は9回裏、無死満塁のチャンスを作ると、5番・出口 智輝(2年)の中犠飛で同点に追いつく。さらに一打サヨナラのチャンスは続いたが、ここは瀬田工のエース・岡本 一徹(2年)が踏ん張り、試合は延長戦に突入した。

タイブレークとなった10回表の瀬田工は4番の小辻から攻撃がスタート。マウンドには9回から3番手で登板している大﨑 仁(3年)がいた。「何とかしてここは0で抑えようと気持ちが入りました」と大﨑はキレのあるスライダーを決め球に3者連続三振。この回を0点に抑えて、チームに流れを引き寄せた。

10回裏の八幡商は8番・大﨑のバントヒットで無死満塁とチャンスを拡大。ここで小川健太監督はここまで2安打と当たっている右打者の南部に代えて、左打者の大久保 響(2年)を起用する。大久保はその起用に応え、1ボール2ストライクからセンター前に弾き返してサヨナラ勝ち。激戦を制した八幡商が8強入りを果たした。

総力戦で勝利を掴んだ八幡商。この日登板した3投手以外にも最速144キロ右腕の田上 航(3年)や本格派左腕の川﨑 陸翔(2年)など力のある投手が揃っている。「周りも刺激をくれるので、切磋琢磨していきたいです」と大﨑。県内トップクラスの投手層を武器に2021年秋以来の頂点を目指す。

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季滋賀県大会】瀬田工が逆転で甲西に勝利!ドラフト候補のエースの弟が3安打2打点の活躍
【春季滋賀県大会】伝統校・八幡商にプロ志望の強打者、187センチの大型右腕が登場!5回無安打でコールド勝ち

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【島根】開星、立正大淞南、大社、飯南などが各地区で4強入り<各地区大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商