試合レポート

【春季愛知県大会】中部大春日丘が、9回に3点差をひっくり返し、東邦に逆転サヨナラ勝ち

2024.04.29


9回、同点のホームインをしてガッツポーズを見せる中部大春日丘・水野

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

<春季愛知県高校野球大会:中部大春日丘5-4東邦>◇28日◇準々決勝◇愛知時計120熱田

春季県大会も、いよいよベスト8対決となってきた。先週の3回戦で、センバツ帰りの愛工大名電を下した東邦が、中部大春日丘との名古屋地区勢同士の対決となった。中部大春日丘は昨夏にベスト4まで進出したことで、また一つステップアップしたといってもいいであろう。齊藤真監督は、「今年のチームは、去年に比べるとやや粒が小さい」ということだった。それでも今春も名古屋地区1次トーナメントでは高蔵寺に敗れて、2位校の出場決定トーナメントに回ったが、そこから県大会進出を果たした。そして、県大会でも愛知愛知産大三河豊橋中央といった難敵を一つひとつ接戦で下していって、ベスト8に残ってきた。

東邦は、名古屋地区決勝トーナメントでは中京大中京にコールド勝ちしたかと思うと、中部大一に敗れるなど、波を感じさせた。しかし、県大会では横須賀成章には無失点でコールド勝ちして、愛工大名電に5対3で勝利して、力のあるところを示している。

この大会は、どちらもノーシードという形だったが、ベスト8まで勝ち上がり夏のシード権は獲得している。

東邦は背番号6の手島 慈元投手(3年)、中部大春日丘は前の試合で好投して自信をつけた12番の金田 大成投手(3年)が先発した。しかし、金田投手は2回早々につかまりかかったところで、左翼手の1番をつけた水野 拓海投手(2年)がマウンドに立った。

この回は2死満塁を何とか凌いだ水野投手だったが、3回に2つの四球と捕逸、けん制悪送球と無安打ながら1点を失った。さらに、4回は先頭に安打されたところで、3人目の背番号10、角野 聖哉投手(3年)が登板。力強い投球だったが、5回には2死二、三塁から暴投で三塁走者をかえしてしまった。6回にも四球の走者がバントなどで進んで、2死一、三塁から暴投で3点目が入った。打たれているわけではないのに、自滅気味の失点は中部大春日丘にとっては痛かった。中部大春日丘の齊藤監督は、左翼に回っていた水野投手を再びマウンドに戻して、何とかその後を凌いだ。

東邦も、6回からは1番をつけた左腕・宇佐美 敦斗投手(3年)が登板する。しかし、その代り端を中部大春日丘が攻めて1番・堀 央征内野手(3年)が右前打を放つと、内野ゴロで二塁に進み、4番・椙山 泰輔外野手(3年)が痛烈に左前へはじき返して、二塁走者が生還して中部大春日丘は1点を返した。

東邦は8回にも安打と四球で走者を溜めて2死満塁として、4番・吉井 悠馬内野手(3年)が一、二塁間を破って三塁走者をかえした。東邦としては4点目にして初めて適時打での得点となった。試合の流れからしても、意味のある得点と言えそうな気配だった。

ところが、試合は分からないものだ。「勝負は下駄を履くまでわからない」とは、よく言われることでもあるが、9回の中部大春日丘は、まさにそれを具現化して示して見せたといっていいであろう。

1死から3番主将の小島 旬平内野手(3年)が右越え二塁打を放つと、続く椙山も右線へ三塁打を放ち、2点差。さらに、水野もしぶとく一、二塁間を破って1点差とした。こうなると、中部大春日丘はイケイケムードにもなっていく。石井 明日風内野手(3年)は内野ゴロとなったが、水野は二塁へ進塁。そして、6番・安藤 夏希外野手(2年)は右前打を放ち二塁走者をかえしてついに同点。中部大春日丘ベンチは大いに盛り上がる。投手交代もあるのかと思われたが、東邦の山田祐輔監督は、宇佐美投手をそのまま続投させた。

中部大春日丘は、土壇場で同点に追いついたムードと勢いが、途中から出場して8番に入っていた野村 大河外野手(3年)にも伝わっていた。迷いなく振り抜いた一打は、右中間を破って一塁走者がかえって、逆転サヨナラ打となった。

思わぬ大逆転劇に、さすがに齊藤監督も興奮気味だった。「完全に負け試合でしたけれども、これぞTHE高校野球ですかね。追い込まれた時に強さを出す子たちではあるんですけれども、まさかこんな展開になるとは…。これは、選手たちに自信になると思います」と喜んでいた。

伏線としては、9回の東邦の攻撃を三者凡退、しかも簡単に飛球を打たせて7球で終えて、裏の攻撃に入っていかれたことが大きかったという。外野からリリーフして粘りの投球をしながら、5番打者としては1点差に迫る適時打を放った水野は、「9回は、自分まで回れば何とかなると思っていました。投球としては、よくないところもあったけれども、打撃では今日は100点です」と、3安打したことも喜んでいた。また、最後まで諦めない姿勢を示すことができたことも、チームとしては大きく飛躍していく要素になりそうだ。

東邦としては、前半、貰った得点はあったものの、なかなか適時打が出ず、畳みかけることができなかったことも結果としては響いたということになった。

【トーナメント表】春季愛知県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.25

【長崎】鎮西学院と大村工が敗者復活から勝ち上がって本大会へ<NHK杯地区予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商