試合レポート

【春季和歌山大会】市立和歌山が延長戦を制してセンバツ出場・田辺に秋のリベンジ

2024.04.29


10回表に勝ち越しの3点適時二塁打を放ち、ガッツポーズを見せる村上遥飛(市立和歌山)

【トーナメント表】春季和歌山県大会 結果一覧

市立和歌山が昨秋に敗れた田辺にリベンジして4強入りを果たした。

昨秋は準々決勝で対戦するも2対9で7回コールド負け。2季連続の甲子園出場を阻まれた。田辺の対戦が決まってからは「必ず田辺を倒す」と主将の宇治田 隼士(3年)を中心に練習から士気が高まっていた。

しかし、21世紀で今春の甲子園出場した田辺は初回から強さを見せつける。1回裏に二死一塁から4番・山本陣世(3年)のレフト線への適時二塁打で先制すると、続く5番・前田 海翔(2年)が左前適時打を放ち、リードを2点に広げる。

いきなり追いかける展開となった市立和歌山だが、先発の木村 壮孜(3年)が粘り強い投球を見せて追加点を許さない。すると、5回表に一死一、三塁から2番・福田 大地(3年)の投手ゴロで1点を返す。さらに二死二塁から3番・村上 遥飛(3年)の内野安打に相手の失策が重なり、同点に追いついた。

その後は両チームとも得点がなく、互角の攻防を繰り広げる。田辺はエースの寺西 邦右(3年)が130キロ台後半の勢いのあるボールで市立和歌山打線を抑え込むと、市立和歌山も7回裏に二死二塁から左前安打を浴びるも左翼手の玉置 大翔(3年)が好返球を見せて本塁でタッチアウトにするなど、要所で好プレーが出た。

試合は2対2の同点で延長戦に突入する。10回表の市立和歌山は1番の玉置がバントを失敗するも代打の勝元 瑛人(3年)が四球を選んで一死満塁とする。

この場面で打席に立つのはここまで2安打を放ちながらも2失策していた3番の村上。「守備のミスもあって、ここぞという時に点を取るぞという気持ちで打席に立ちました」と2ボール2ストライクから外角のストレートを振り抜き、打球は右中間を破る。結果は走者一掃の3点適時二塁打となり、大きな勝ち越し点を奪った。

市立和歌山はさらに二死二塁から5番・石山 大翔(2年)の右前適時打で1点を追加。好投していた寺西をマウンドから引きずり下ろした。

田辺はここで遊撃手の山本陣に継投。投球練習で142キロを計測し、球場をざわつかせた。

4点リードとなった市立和歌山は7回から登板している2番手の爲則 太智(3年)がこの日最速となる141キロを計測するなど、10回裏も力強い投球を見せる。田辺の反撃を1点に留め、見事にリベンジを果たした。

「同じ相手に2回も負けられないというのは練習からひしひしと伝わっていましたので、苦しいゲームでしたけど、最後はその思いを表現してくれたと思います」と選手の頑張りを讃えた半田 真一監督。試合を通じてベンチからはよく声が出ており、この試合に懸ける想いの強さを遠目でも感じることができた。

これで夏のシード権を獲得したが、まだ通過点に過ぎない。「県内を圧倒して勝つことが目標」(村上)と頂点を目指して邁進する。

【トーナメント表】春季和歌山県大会 結果一覧

<関連記事>
【春季和歌山大会】和歌山東の前芝が5回参考ながらノーノ―達成!プロ注目の強打者・谷村もタイムリーでアピール
【春季和歌山大会】センバツ出場校の耐久が20年ぶりの春4強!エースの冷水が復調の1失点完投勝利
【春季和歌山大会】智辯和歌山が6回コールド勝ち!4番打者は木製バット使用、1年生も2人がスタメン抜擢

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】