試合レポート

【春季静岡県大会】静岡が3人の継投で磐田東を退けてベスト8に進出

2024.04.28


谷脇 健心(静岡)

【トーナメント表】春季静岡県大会 結果一覧

<春季静岡県高校野球大会:静岡4-2磐田東>◇27日◇3回戦◇草薙

静岡県大会は、先週の2回戦終了時点で、ベスト16が決まり夏のシード校も決定した。ここからは、春季東海地区大会進出を目指しての戦いとなるとともに、それぞれがチームの課題を整理しながら、どう勝っていくのかということを見出してしていくことになる。

磐田東は、4月に就任した赤堀 佳敬新監督が、まずは1つでも多く公式戦を通じてチームを把握していこうという思いもあるだろう。赤堀監督は、3月までは健大高崎のコーチを務め、同校のセンバツ大会優勝にも貢献している。母校へ戻って今大会からの初采配も注目されるところだ。静岡は、昨秋は地区予選の初戦で敗退し、県大会進出ができなかっただけに、名門の意地としても、上位進出を果たして存在感を示したいところである。

静岡は背番号1の谷脇 健心投手(3年)、磐田東は背番号9で打っては4番の𠮷澤 誠基投手(3年)が先発。ともに立ち上がりは三者凡退に退けて、いい入りだったと言えよう。4回までお互い無得点で、投手戦の展開となっていったが、均衡を破ったのは静岡で5回だった。

1死から6番・松下 緑野内野手(3年)が左前打で出塁すると、続く石橋 咲人内野手(2年)が中越え二塁打を放って一塁走者がホームインして先制。さらに8番・高木 優杜外野手(2年)が三遊間を破って繋ぐと内野ゴロ野選で三塁走者がかえって2点目。最初から、ゴロGOで行くという考えでもあったようだ。さらに、一、三塁から重盗を仕掛けてこれが見事に決まって3点目が入った。

静岡は積極的な走塁が光ったが、池田 新之介監督も、「三塁コーチャーもギャンブル的に回しているところもあるかもしれないけれども、走者もいい判断で、タッチをかいくぐるようなスライディングもしていて、積極的な姿勢が見られた」と、機動力を生かしていく野球に手ごたえを感じていたようだ。

ここから試合は動き出していく。代打もあって静岡は6回から増田 煌太朗投手(2年)が登板。その増田に対して磐田東も反撃する。代わり端を攻めて無死一、二塁とすると、捕逸で二、三塁として、内野ゴロの間に三塁走者がかえる。さらに、1死三塁で永井 優大外野手(3年)が中前打を放って三塁走者をかえして、この回2点目となって、磐田東は1点差に迫った。

磐田東は6回から、マウンドに永井 織空投手(3年)を送り出した。これに対して静岡は、8回に代打・唐國 晃輔内野手(2年)が中前打で出塁すると、バントで進め、2番・漆畑 穣外野手(3年)がしぶとく一、二塁間をゴロで破ったが、この場面でも二塁走者は思い切って、最初から本塁を狙う意思で走り4点目のホームインとなった。

9回の静岡は3人目として吉田 遥孔投手(2年)が投げた。2死から、走者を2人溜めてしまったものの、最後はしっかりと三振で切って取った。2番手の増田は代わり端にちょっとつかまったものの、結果的には3人の継投で上手にリードを守り切ったという形になった。池田監督は、「谷脇が、前回のよくなかったところを修正してしっかりと投げてくれたのが大きかった」と評価していた。

磐田東は取られた直後の6回に、すぐに2点を返したところまでは流れを引き寄せられそうな感じでもあったのだが、静岡の投手陣に交わされて及ばなかった。

【トーナメント表】春季静岡県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?