試合レポート

【春季静岡県大会】加藤学園が、前半のリードを守り切って、掛川西を退ける

2024.04.28


加藤学園・北條創太

【トーナメント表】春季静岡県大会 結果一覧

<春季静岡県高校野球大会:加藤学園6-2掛川西>◇27日◇3回戦◇草薙

東部地区と西部地区の有力校対決となった好カードである。掛川西は、昨秋は新制度となった地区予選の初戦で敗退して県大会進出を逃している。そこからの立て直しとなって今春に挑んで、ここまで順調に勝ち上がってきた。県大会では、初戦で榛原を下しての進出となった。

近年、安定した力を示してきている加藤学園は、昨年春はこの大会を制し、その後の東海地区大会でも初優勝を果たしている。そして、今春も順調にここまで勝ち上がってきているという印象だ。昨年のチームと比較すると、いくらか投打の柱に欠けるというところは否めないかもしれないが、チームとしてのまとまりの良さはさすがである。

掛川西高橋 郁真投手(3年)は立ち上がり、ややアンラッキーな形の安打が続いてピンチとなった。加藤学園はそこを巧みに突いて、1死二、三塁から4番・片山 晴貴捕手(3年)の中犠飛で先制。さらに、掛川西に内野ゴロ送球ミスも出て、加藤学園は2点を先取した。

加藤学園は4回にも小室 太陽外野手(3年)、坂本 大河内野手(3年)の連打から好機を作ると、バントが相手の送球ミスを誘って追加点を挙げる。なおも無死二、三塁で8番・小鹿の中前打で2人をかえして5点目が入った。小鹿は8番ながら、この日は3安打と気を吐いた。もっとも、地区予選の時には、5番を打っていたこともあるというくらいだから、元々打力のある選手ではある。

ここまで、森 虎太朗投手(3年)に無安打に抑えられていた掛川西。何とか、反撃したいところであるが、その裏、四球の走者が牽制で刺されたが、その後、3番・堀口 泰徳捕手(3年)が左前打を放つと、続く田中 朔太郎外野手(3年)が中越え二塁打を放って1点を返す。なおも、2死二塁から杉山 侑生外野手(3年)が右前打を放って二塁走者をかえして、この回2点を返した。掛川西としても、反撃ムードになりかかっていっていた。しかし、走者は出るものの、もう一つ攻め切れないで、いくらか歯がゆい攻めでもあった。

それでも、リリーフした増井 俊介投手(3年)がよく堪えて加藤学園に追加点を与えないでいた。

そんな中で7回、加藤学園は先頭の1番・北條 創太内野手(3年)が中越え二塁打を放ち追加点機を作りかけたが、ここでも増井投手はよく堪えた。しかし、その裏に代打が出たことで、8回からは3人目の加藤 瑞己投手(2年)が登板し、加藤学園が1点を追加した

リリーフの山田 晃太郎投手(2年)が粘りの投球を見せて、掛川西の反撃を0に抑えてベスト8進出を決めた。

加藤学園の米山学監督は、「森は公式戦は初先発だと思います。公式戦で5イニング投げたのも初めてですが、よく投げたと思います。これで、投手の目途もある程度はついてきたかなという感じです。去年とは全く違うチームなので、経験を積ませてきながら、それぞれで競い合っていくという形です。連覇などと言うことは、まったく考えていません」と、苦笑いを浮かべながらも昨年のチームとタイプが異なることを強調していた。

掛川西の大石卓哉監督は、「自滅でしたね。こんな自滅の仕方は初めてです。二遊間の守りなんかは、不安はないと思っていたんですがね…。チームとしてのバランスも良くなってきていると思っていたのですが、夏へ向けては、もう一つかみ合っていなかったということでしょうか。そのあたりを引き締め直します」と、夏へ向けての再調整を誓っていた。

【トーナメント表】春季静岡県大会 結果一覧

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?