試合レポート

【春季東京都大会】帝京が富浜の一発で追いつき、奈良の一発で突き放し、西崎が締めて決勝進出

2024.04.28


帝京・西崎桔平

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

<春季東京都高校野球大会:帝京9-8明大中野>◇27日◇準決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

両校の応援団が内野のスタンドを埋め、これまでの試合とは明らかに違う高揚感の中で試合が始まった。

明大中野は今大会、3回戦を除き全て先攻。「初回に1点でも2点でも取って、逃げ切る」と岡本 良雄監督は語る。この試合も先攻の明大中野は、帝京の先発・小野 寛人投手(3年)を攻める。1死二塁から3番・藤崎 理央外野手(3年)が三塁打を放ち1点を先制し、続く4番・高橋 駿太外野手(3年)の右前安打で藤崎も還る。この回さらに安打を3本連ね、初回にいきなり4点を入れる。明大中野としては狙い通りの初回の攻撃であった。

4点のリードを許した帝京だが、金田 優哉監督は「こういう展開もある」と、慌てない。2回に帝京は、8番・小野の二塁打に、9番・奥山 悠仁内野手(3年)、1番・表西 優志外野手(3年)の連続安打で1点を返す。

明大中野の先発、横手投げの佐伯 魁栄投手(3年)は打たれながらも抑えてきたが、5回につかまる。1死後、3番・奈良 飛雄馬内野手(3年)、4番・丹羽 心吾捕手(3年)の連続安打に続き、5番打者でパワーのある富浜 琉心内野手(3年)が左翼席に3ランを放ち、帝京が追いついた。さらに安打と死球で一、二塁となった後、投手ながら打撃もいい小野が三塁打を放ち、2人が生還。小野も奥山の右前安打で還り、帝京はこの回6点を入れる。

明大中野は5回途中から投手を田中 俐希投手(2年)に代えたが、6回、帝京は、3番・西崎 桔平内野手(3年)の中前安打に続き、4番・奈良が豪快な2ランを放ち、帝京が突き放した。「甘いカーブです。(本塁打は)大会で3本目ですが、練習試合を含めた数字は数えていません」と奈良は言う。帝京の飛雄馬は、低反発バットを意識させないほど豪快なスイングで、豪快な一発を放っている。

一方、帝京の先発・小野は、走者を出しながらも、2回以降は得点を許さない。7回、明大中野は安打3本を連ね2死満塁のチャンスをつかむが、あと1本が出ない。

8回も明大中野は、7番・田中 健吾内野手(3年)から安打3本を連ね、無死満塁とする。ここから1番・吉田 海渡内野手(3年)の左前安打で1点。3番・藤崎の右前安打でさらに1点。4番・高橋駿の中犠飛で1点を返す。続く5番・牧田 健吾捕手(3年)の中前安打で1点を返して、1点差まで追い上げる。夏のことも考え、小野を続投させてきた帝京であるが、ここで遊撃手の西崎をマウンドに上げる。「準備はできていました。早く投げたかったです」と西崎は語る。西崎は140キロを超す力のある球を投げ、6番・岡田 麟多郎内野手(3年)を二ゴロに打ち取り、同点にはさせない。西崎は9回も奪三振2を含む三者凡退に抑え、9対8と帝京が1点差で逃げ切り決勝進出。同時に昨年に続いての関東大会出場を決めた。

明大中野の岡本監督は、「初回は良かったけれども、中押しができなかったことは反省材料です」と語る。早稲田実業を破り準決勝に進んだ明大中野は、今大会の台風の目になった。準決勝で敗れはしたものの、帝京と1点差の勝負を演じ、夏への期待を抱かせる戦いであった。

帝京は秋1次予選で負けた悔しさから、強力なチームを作り上げてきた。2年連続優勝を目指し、東海大菅生との決勝戦に臨む。

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

【新潟】プロ注目右腕の帝京長岡・茨木が完封、日本文理とともに決勝進出<春季県大会>

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>