試合レポート

【春季奈良県大会】藤原監督初采配の天理が法隆寺国際に快勝

2024.04.22


1回裏に先制の適時三塁打を放った永末峻也(天理)

【トーナメント表】 春季奈良県大会 結果一覧

今年1月から藤原忠理監督が率いている天理が初戦を突破した。

藤原監督は昨年まで天理大を率いて阪神大学リーグで6連覇を達成。森浦 大輔(広島)や友杉 篤輝(ロッテ)などを育てた実績を持つ。

「有利なカウントの時は思い切っていきなさい」と藤原監督は選手を送り出し、選手は1回裏からその期待に応えてみせた。

1番・藤澤 颯馬(3年)が中前安打で出塁すると、相手の牽制悪送球と犠打で一死三塁のチャンスを作る。ここで3番・永末 峻也(2年)が右中間を破る適時三塁打を放ち、先制点を挙げる。

続く打者は1年春から主力として活躍している主将で4番の松本 大和(3年)。粘りに粘ってフルカウントからの12球目を捉えると、強烈な当たりの右前適時打となり、追加点を奪った。さらにその後、一死一、二塁から6番・豊田 竜都(2年)の中前適時打で1点追加。初回から3得点と好スタートを切った。

2回裏には二死三塁から2番・赤埴 幸輝(2年)の右越え適時打で1点を追加。相手先発の金原 朔太郎(3年)をマウンドから引きずり下ろした。

法隆寺国際は左腕の上田 晃大朗(3年)に継投したが、天理はその上田に対しても3回裏に一死二塁から豊田が二塁手のグラブを弾く適時打を放って1点を追加。4回裏から登板したエース右腕の先川 和虎(3年)に対しても一死一、二塁から赤埴の中前適時打で1点を加えた。

しかし、5回以降は先川が威力のあるストレートを投げ込み追加点を許さない。もう一押しできない天理だったが、昨年から公式戦のマウンドを経験しているエース左腕の麻田 悠介(3年)がチェンジアップやスライダーを交えた巧みな投球で6回まで無失点。7回表に暴投で1点を失うも8回3分の2を投げて、6安打2四球6奪三振で1失点とエースらしい投球を見せた。

最後は右横手投げの松村 晃大(2年)が締めて、6対1で天理が勝利。藤原監督の公式戦初采配に花を添えた。

「バットの規格が変わりましたので、そんなに昔のようにビッグイニングは作れない。だから今日は合格点をあげられると思います」と試合を振り返った藤原監督。1点ずつ積み重ねた前半の攻撃を高く評価していた。

就任して約3か月半ということでまだ手探りの状態だというが、堅実な試合運びで天理大を全国大会の常連に導いた手腕を早くも発揮している。「私自身も今後は落ち着きを持って采配できるかな」と次戦以降の戦いに自信を見せていた。

県内屈指の強打者である松本は3打数2安打1打点と活躍。2本の安打はともに鋭い当たりのライト前で、バットが変わっても実力者らしい結果を残した。

主将としてチームを引っ張る松本は、「秋は3回戦で負けてしまって、その悔しさを持って長い冬を越してきました。絶対に春の近畿大会で優勝して、夏の甲子園につなげられるように全員で全力でやっていきたいと思います」と今大会の抱負を語ってくれた。

新監督の船出としては上々の内容と言っていいだろう。昨夏に敗れた高田商と対戦する次戦ではどんな戦いを見せてくれるだろうか。

【トーナメント表】 春季奈良県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
◆【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.11

【2024年最新版 スーパー中学生リスト】 関東地区の強豪校注目の遊撃手、高校スカウト殺到の大型左腕、中村剛也の長男など38人をピックアップ

2024.05.11

名門・東海大相模の進路紹介!プロ注目打者は東洋大、エースは中央大で早くもリーグ戦に出場!

2024.05.11

【新潟】プロ注目右腕の帝京長岡・茨木が完封、日本文理とともに決勝進出<春季県大会>

2024.05.11

シニア日本代表が発表!選抜大会準優勝の主力打者、ベスト4の主将、優秀選手などが選出!

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在28地区が決定、長野では松商学園がノーシードに

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.06

【関東】山梨学院と常総学院がそれぞれ優勝、出場校の対戦が確定<春季大会>

2024.05.06

【春季埼玉県大会】花咲徳栄4回に一挙10得点!20得点を奪った花咲徳栄が昌平を破り優勝!

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>