試合レポート

【春季東京都大会】安部の3ランで先制の帝京が準決勝進出!修徳は6失策が響く

2024.04.22


2回帝京・安部育規 3ランを放つ

【トーナメント表】 春季東京都大会 結果一覧

<春季東京都高校野球大会:帝京5-1修徳>◇21日◇準々決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

4回戦で関東一を破った修徳が、今度は帝京に挑んだ。修徳にも勝機はあったものの、生かすことができず、逆に自らの失策で傷口を広げる結果になった。

修徳の先発は、関東一を完封した飯山 大夢投手(3年)ではなく、荒井高志監督が「信頼しているピッチャーです」と語る左腕の杉山 諒太投手(3年)だった。杉山は1回、帝京に四球の走者は出したものの、奪三振2と快調な立ち上がりだった。

帝京は昨年の春季都大会の決勝で完投勝利を挙げた小野 寛人投手(3年)が先発した。昨年よりは一回り体が大きくなった印象で、1回に修徳の2番・賀曽利 航生内野手(3年)に二塁打を打たれるなど、ピンチを招いたが無失点に抑える。

2回、この回先頭の帝京の5番・丹羽 心吾捕手(3年)が三塁手の失策で一塁にでると、7番・城田 陸外野手(3年)の左前安打などで2人の走者が出塁して、8番の安部 育規外野手(3年)が左中間スタンドに飛び込む3ランを放った。「球種は真っ直ぐです。気持ちで打ちました」と安部は言う。8番打者ながら、3回戦の都立小山台戦でも本塁打を放っている。

帝京が3点リードしたものの、その裏、修徳も反撃に出る。2回、この回先頭の6番・齋藤 紘内野手(3年)が二塁打を放ち、7番・長谷 和樹外野手(3年)が右前安打で続き、8番・杉山は三振したものの、9番・齋藤 純捕手(3年)は四球で1死満塁となった。しかし1番・石川 航大外野手(3年)は一飛、2番・賀曽利は三振に倒れ得点を挙げることができない。修徳の荒井監督も、「あそこで点を取れなかった」と語る、この試合の流れを決める場面であった。

3回、失策と安打で1死一、二塁となったところで、修徳は杉山に代えて飯山をマウンドに送る。飯山は、この回のピンチを無失点で切り抜ける。

一方、修徳打線が好打を放つが、帝京の中堅手・表西 優志外野手(3年)や左翼手の安部らの好守備に阻まれて得点できない。逆に帝京は5回、3番・西崎 桔平内野手(3年)が四球で出塁すると、修徳の失策が重なり生還し、1点を追加する。修徳のこの試合での失策は6。失策が続くことで、自滅した形になった。

帝京は7回も4番の奈良 飛雄馬内野手(3年)、5番の丹羽、7番の城田が安打を連ね、1点を追加した。

修徳は9回に齋藤紘の本塁打で完封負けは免れたが、反撃もここまでだった。

修徳としては6個の失策とともに、3番・染田 棟煌外野手(3年)、4番・逢坂 拓未内野手(3年)といった中心打者に当たりが出なかったのが、痛かった。「あの2人は警戒もされています。でもそれを越えてこそ、本物です」と荒井監督は期待を込めて語る。長年、勝てなかった関東一に勝った歓喜と、帝京に負けた悔しさ。どちらも夏に向けての財産になるはずだ。

帝京にしても、昨年の秋の1次予選で二松学舎大附にコールド負けした悔しさが、この春の力強さの根底にある。「あの負けた悔しさは忘れてはなりません」と西崎主将は言う。帝京は昨年の春の王者であり、この春は連覇を目指す戦いになるが、「それは意識していません」と金田優哉監督は言う。しかし公式戦である以上、負けるわけにはいかない。準決勝は明大中野と対戦する。

【トーナメント表】 春季東京都大会 結果一覧

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.08

平成国際大の新入生は逸材揃い!帝京&茨城4強右腕、日本文理の遊撃手、高校通算20発以上の強打者らが加入!

2024.05.08

4連覇狙うオリックスの起爆剤へ! 二軍で輝く3選手

2024.05.08

筒香嘉智の復帰即逆転3ランにベイOBも興奮!二軍の打率1割台でも力を発揮できた理由とは!?

2024.05.08

古豪復活! 42年ぶり春季神奈川優勝の武相、背景にあった「徹底的な打力強化」と「9イニング勝負」

2024.05.08

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.06

【2024年夏 全国地方大会シード校一覧】現在27地区が決定!

2024.05.03

【埼玉】春日部共栄の「反撃」なるか、5年ぶりの関東切符狙う<春季県大会>

2024.05.06

センバツV・健大高崎は夏も強い! Wエース抜きで県大会優勝、投打に新戦力が台頭中!

2024.05.03

目指すは世界一!代表候補の座を射止めた6人の逸材たち

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.21

【兵庫】須磨翔風がコールドで8強入り<春季県大会>