試合レポート

【春季東京都大会】日大鶴ヶ丘が國學院久我山の8回の乱れを突いて一気の攻めで逆転し、準決勝進出

2024.04.21


日大鶴ケ丘・住日翔夢

<春季東京都高校野球大会:日大鶴ヶ丘8-6國學院久我山>◇20日◇準々決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

杉並区の学校同士の一戦。日大鶴ヶ丘の萩生田 博美監督が、「久我山の気迫に押されました」と言うように、國學院久我山が終始押し気味に試合を進めていたが、8回にほころびが出て、日大鶴ヶ丘が逆転勝ちを収め、準決勝に進出した。

國學院久我山の先発、左腕の内田 開音投手(2年)が丁寧な投球で試合を作ったが、3回は2四死球と野選で1死満塁となる。日大鶴ヶ丘の4番・小原 惇矢捕手(3年)の遊ゴロの間に1人生還して、日大鶴ヶ丘がノーヒットで1点を先制した。

3回に1点を失ったものの、國學院久我山の内田は、7回まで日大鶴ヶ丘の打線を無安打に抑える好投を繰り広げ、國學院久我山ペースで試合は進んだ。

日大鶴ヶ丘の先発・小林 駿斗投手(2年)は、走者を出しながらも4回を無失点に抑えていた。日大鶴ヶ丘は4回から背番号12の3年生右腕の田中 優良投手(3年)をマウンドに送る。「初めから継投のつもりでいました。夏を考えるとピッチャーが2人では厳しい。経験が財産になります」と萩生田監督は言う。

しかし田中は、國學院久我山打線につかまる。5回に2安打、1四球でいきなり無死満塁となり、2番・中澤 隆将内野手(2年)の右前安打で國學院久我山は同点に追いつく。さらに4番・原 隆太朗捕手(3年)、5番・柳本 晴外野手(2年)の連続四球で押し出しの2点を入れる。続く6番・樺山 幸弥内野手(3年)の右犠飛で1点を追加し、この回4点が入り、試合をひっくり返した。

日大鶴ヶ丘は、6回からは小林と投手陣の2本柱を成している左腕の住 日翔夢投手(2年)が登板。7回に國學院久我山は3番・矢野 丈太郎外野手(3年)の三塁打などで1点を追加したものの、住の力投で日大鶴ヶ丘は次第に追い上げムードになった。

とはいえ7回までは國學院久我山の内田に安打1本が打てない。8回この回先頭の日大鶴ヶ丘の3番・小針 大輝内野手(3年)は、「1本出れば、流れが変わる。自分が打たなければと」という強い気持ちで打席に入った。小針の二ゴロは内野安打になり、日大鶴ヶ丘の初安打になる。まさにこの安打で流れが変わった。5番の西川 大智内野手(3年)の二塁打に続き、6番・坂詰 直彦内野手(2年)の死球で満塁となり、7番・昆 友樹外野手(2年)の右前安打で1点を返す。昆はこれまで1番を打っていたが、打撃不振で7番に下がっていた。打順を下げたことで、貴重な一打になった。8番・瀧澤 柊太外野手(2年)も右前安打で続き、1番・杉浦 凛内野手(3年)の四球で押し出し。続く代打の石井 大輝外野手(3年)の内野安打で日大鶴ヶ丘が同点に追いついた。打者一巡の猛攻で、再度打席に立った3番・小針は死球で日大鶴ヶ丘が逆転した。

ここで國學院久我山は内田に代えて、柳本をマウンドに送る。しかし日大鶴ヶ丘の4番・小原が中前安打を放ち2人が生還。日大鶴ヶ丘はこの回7点を入れて、逆に3点をリードした。

國學院久我山は9回、6番・樺山の中前安打で1点を返したが、最後は住が抑えて8対6、日大鶴ヶ丘が乱戦を制した。

逆転負けをした國學院久我山の原主将は、「最後にミスが出てしまい、詰めが甘かったです」と語る。7回までは國學院久我山ペースの試合だった。しかし一度崩れると、なかなか歯止めがきかなかった。「終盤競ったところで勝ちきれない。夏までにやることはたくさんあります」と國學院久我山の尾崎 直輝監督は語る。

日大鶴ヶ丘は、途中までは完全に負け試合でありながら、4回戦に続き、最後は勝ちきっている。夏に向けて経験を積みながら勝っており、勝つことによってチーム力を上げてきている。準決勝は東海大菅生創価の勝者と対戦する。どちらが勝っても西東京勢で、関東大会出場と、夏の西東京大会の第1シードをかけた戦いになる。

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季東京都大会】明大中野が8回の長打攻勢で日大豊山を破り、関東大会初出場にあと1勝
【一覧】東京都 夏のシード権獲得チーム
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?