試合レポート

【春季東京都大会】明大中野が8回の長打攻勢で日大豊山を破り、関東大会初出場にあと1勝

2024.04.21


8回明大中野・藤﨑理央 二塁打を放つ

<春季東京都高校野球大会:明大中野8-5日大豊山>◇20日◇準々決勝◇スリーボンドスタジアム八王子

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

4回戦は守りがしっかり機能した両チームであったが、この試合ではミスも出て、やや荒れた試合になった。

日大豊山は1回1死三塁から今大会打撃好調の3番・小寺 連大外野手(3年)が二塁打を放って1点を先制した。明大中野は2回、2本の安打で1死一、三塁とし、8番・佐伯 魁栄投手(3年)の二ゴロは敵失となり、同点に追いつく。しかし一塁走者は三塁まで進もうとしたがアウトになり、同点止まりだった。

日大豊山の先発、身長190センチの村井 達将投手(3年)も、明大中野の先発、横手投げの佐伯も、調子は今一つ。「大会ということで、緊張感もありました」と村井は言う。

3回、明大中野は1番・吉田 海渡内野手(3年)の二塁打と2番・高岡 珀人外野手(3年)の中前安打で一、三塁とし、高岡の二盗が悪送球となって吉田が生還、さらに悪送球が重なって高岡も還り明大中野が2点を勝ち越した。

ところが、3回、日大豊山は敵失と内野安打と死球で満塁とし、5番・阿部 光芯内野手(2年)のスクイズで1点を返し、さらに暴投と捕逸で2人が還り、逆転。そのうえ死球で出た走者が、暴投と敵失で還るという、明大中野の守備の乱れでこの回4点が入った。

5回、明大中野は、2番・高岡の三塁打と3番・藤﨑 理央外野手(3年)の内野安打で1点を返し、犠打などで三塁に進んだ藤﨑は6番・岡田 麟多郎内野手(3年)の右前安打で還り、同点に追いついた。

明大中野にとって大きかったのは、3回途中から登板した田中 俐希投手(2年)の好投だ。田中俐の特徴は度胸の良さ。5回、当たっている日大豊山の3番・小寺に三塁打を打たれ無死三塁となったが、しっかりと無失点に抑えた。「ピンチの場面で投げることが多いので、自信があります」と田中俐は言う。

日大豊山も4回から登板した左腕の宮本 航雅投手(3年)が5回に2点を失ったものの踏ん張っていたが、明大中野は8回に一気に攻勢をかける。2死二塁から打席には3番の藤﨑が入る。「ここまで不調だったので、1本出そうと思いました」と藤﨑。岡本 良雄監督も、「何とかせい」という、恩師である東京六大学野球の名物監督であった島岡 吉郎氏がよく言った言葉をかけて、送り出した。

応援席から明大がチャンスと時に流れる「神風」の演奏に「力を得ました」と言う藤﨑の当たりは、打球音はやや鈍いように聞こえたが、意外と伸びて右翼手の頭を越える二塁打となり、明大中野が勝ち越した。続く4番・高橋 駿太外野手(3年)も二塁打で1点を追加。さらに6番・岡田も二塁打を放ち1点を追加し、この回二塁打3本の長打攻勢で明大中野が3点を勝ち越した。

粘る日大豊山は9回、安打3本で1死満塁としたが、ピンチに慌てないのが、明大中野の田中俐の良さだ。2番、途中出場の関口 友稀捕手(3年)は三振、3番の当たっている小寺を二ゴロに打ち取り、明大中野が接戦を制した。

「よく我慢してきたのですが…」と日大豊山の福島 直也監督は言う。しかし明大中野の8回の一気の攻めに崩れた。

勝った明大中野としても、ミスの多い試合であった。この大会の目標はベスト8。それを達成すると、吉田主将は、「関東大会出場」と目標を格上げした。西東京大会で準優勝するなど、実績を残してきた明大中野であるが、関東大会出場はまだない。東京代表として公式戦に出場することは、大きな実績になる。準決勝は修徳帝京の勝者との対戦になる。どちらが勝っても東東京勢。関東大会出場と夏の東東京大会の第1シードをかけた戦いになる。

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季東京都大会】日大鶴ヶ丘が國學院久我山の8回の乱れを突いて一気の攻めで逆転し、準決勝進出
【一覧】東京都 夏のシード権獲得チーム
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

【宮城】仙台育英が2発で快勝、仙台城南が初の決勝進出で東北大会へ<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商