試合レポート

【春季滋賀県大会】粘り勝った伊吹が逆転勝ち!敗れた能登川の4番は木製バットを使用

2024.04.21


8回裏に決勝の2点適時三塁打を放った北川蒼人(伊吹)

<春季近畿地区高等学校野球滋賀県大会:伊吹7-5能登川>◇20日◇2回戦◇湖東スタジアム

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

伊吹能登川に逆転勝ちを収めた。

伊吹は1回裏に二死三塁から相手の失策で先制。2回裏にも二死三塁から9番・川嵜 晴斗(3年)の右前適時打で1点を加える。

守っては先発の右横手投げ・髙田 純佳(3年)が4回までテンポ良く抑えていたが、5回表に連続適時打を浴びて3点を奪われて逆転を許す。それでも直後の5回裏に一死満塁から3番・美濃 椋音(3年)の中犠飛で同点に追いついた。

だが、7回表に先頭の6番・小串 優斗(3年)に左越え三塁打を打たれると、続く7番・廣田 獅冬(1年)に中前適時打を打たれて勝ち越しを許す。

ここで伊吹は背番号10の北川 蒼人(3年)に継投。右上手から力のあるボールを投げる北川蒼は後続を断つと、7回裏に一死二、三塁から美濃の左犠飛でまたしても同点に追いついた。

さらに8回裏には一死から連打で二、三塁のチャンスを作ると、北川蒼が右中間を破る2点適時三塁打を放ち、勝ち越しに成功。続く川嵜晴もスクイズを決めてリードを3点に広げた。

北川蒼は9回表に1点を返されるが、リードを守り切る。伊吹がシーソーゲームを制して3回戦進出を決めた。

「よく粘れたと思います」と試合を振り返った伊吹の野村 勇雄監督。信頼感のある髙田が打たれたのは予想外だったそうだが、継投した北川蒼が流れを断ち切り、打線もしっかりと反撃した。

チーム全体として声が良く出ており、一体感を感じるチーム。2年前にはセンバツの21世紀枠近畿地区推薦校に選ばれており、今後も存在感を出してくるだろう。

敗れた能登川はスタメンに1年生を4人起用。初めての公式戦となる選手が多い中でも善戦し、「よくできた方と思います」と久保 尚人監督は選手の健闘を讃えた。

能登川の選手で目に留まったのが主将を務める4番捕手の田井中 陽向(3年)。この試合で一人だけ木製バットを使用して打席に立っていた。

昨秋の大会が終わってから木製バットを使用しており、「スイングしやすかったり、捉えた時に飛ぶイメージがあったので木製にしました」とその理由を語ってくれた。

卒業後の進路は就職を考えており、次のステップのためというわけではなく、打ちやすさを求めて木製バットを選択したという。

ちなみにバットは久保監督が4、5本購入したそうだが、次々と折れてしまい、残りは1本しかないそうだ。何とか夏まで折れることなく使い続けてほしいものである。

この日の田井中は4打数無安打と結果を残すことができなかった。「自分のバッティングができないと今日みたいに負けてしまうので、自分が打って勝てるようにやっていこうと思います。去年の夏はベスト16で終わってしまったので、それより上を目指して頑張っていこうと思います」と夏に向けて意気込みを語ってくれた。

一時は部員不足で連合チームで出場していたこともある能登川だが、ここ数年は熱意のある久保監督の下で盛り返しつつある。経験を積んだ下級生が力を出せるようになれば、上位を狙えるかもしれない。

【トーナメント表】春季滋賀県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季滋賀県大会】瀬田工が逆転で甲西に勝利!ドラフト候補のエースの弟が3安打2打点の活躍
【春季滋賀県大会】伝統校・八幡商にプロ志望の強打者、187センチの大型右腕が登場!5回無安打でコールド勝ち

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】