試合レポート

【春季三重県大会】菰野が序盤から皇學館を圧倒して7回コールド勝ち

2024.04.21


菰野・贄 慶太

<春季三重県高校野球大会:菰野10-1皇學館(7回コールド)>◇20日◇準々決勝◇四日市緑地公園霞ケ浦

【トーナメント表】春季三重県大会 結果一覧

ベスト8の戦いとなった春季三重県大会。毎年のように好投手を輩出するなど、公立の上位常連校といってもいい菰野に、近年上位に残ることが多くなってきた皇學館が挑む形となった。

菰野は、北地区予選では海星桑名西桑名工を撃破して、決勝では津田学園に敗れたものの2位校として県大会に進出。初戦で、難敵・津商を下した。

皇學館は、南地区予選では2回戦で松阪商に敗れたものの、その後の敗者復活戦で伊勢に競り勝って県大会進出。1回戦では四日市工を下し、2回戦では中地区1位校の久居を4対1で下してのベスト8に進出した。

初回の攻防がいきなり明暗を分けた。皇學館は連続安打で無死一、二塁とするものの、そこから菰野栄田 人逢投手(2年)は踏ん張って、3者連続三振で切って取る。栄田は、「立ち上がり、ちょっと真ん中に集まりすぎたところを打たれました。走者を出したことで、気持ちが上がっていきました」と、その後は気迫の投球を見せた。

その裏、菰野も先頭の菊地 逢斗外野手(2年)の安打などで一、三塁。ここで、皇學館の出井監督は、すぐに先発の倉谷 湧心投手を諦めて、2人目として新谷 哲平投手を送り出す。しかし、四球後に野選で菰野が無死のまま先制。その後、投直併殺で菰野も追加転機を逃したかに思われたが、6番・栄田が右越え三塁打を放って2人がかえる。さらに続く松山 颯汰外野手(2年)も左中間へ二塁打を放ち、この回いきなり4点が入った。

2回にも菰野は、1番・菊地の二塁打などで3点を追加する。皇學館は、先発した倉谷が無死のまま2人に投げた段階で2人目の新谷に繋いでいた。新谷は5回途中まで投げたものの、5回1死一、二塁という場面で降板。皇学館にとって、序盤の失点はあまりにも大きかった。

かつて、神奈川県の公立校で長く監督を務めていた皇學館の出井 宏監督は常々、「どの県でも、ここまで(ベスト8)は、何とか来られることもあるのですけれどもね。ここから先の壁があるということは、どこも同じなんだなということを痛感しています」ということを言っていた。図らずも、今回もそのベスト8の壁で、甲子園実績のある蒋野の壁にはじき返された形になってしまった。

菰野の戸田 直光監督は、「投手陣には失点3点以内、攻撃陣には5点以上を取るということをチームとしては課しています。まあ、それができれば負けないんですけれどもね」と苦笑いしながらも、この日の試合はまさに、そのイメージに近い形となったと言っていいであろう。1ケタ番号を背負っている先発メンバーは全員が2年生というチームだけに、戸田監督は選手たちが経験値を上げていくことに対しての期待は非常に高い。

この日、菰野で2番手として投げた贄 慶太投手(2年)は、中学時代はほとんど野球経験がなく、ハンドボール部の選手だったという。そういう経歴の選手も、活躍する場があるというのも、菰野のもう一つの魅力と言ってもいいのではないだろうか。戸田監督も、「身体の使い方がいいんだろうね。運動能力も高いと思いますよ」と、評価していた。その贄も2年生。今の菰野のチームの伸びしろは、非常に魅力的と言っていいであろう。夏へ向けても、大きな台風の目となっていきそうな気配を漂わせている。

【トーナメント表】春季三重県大会 結果一覧

<関連記事はこちら>
【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】