試合レポート

【仙台六大学】東北福祉大が3発快勝!今春初先発の剛腕・堀越啓太は6回無失点好投

2024.04.21


150キロ台を連発し6回無失点と好投した東北福祉大・堀越啓太

<仙台六大学野球春季リーグ:東北福祉大10-1東北大(7回コールド)>◇20日◇第2節1回戦◇東北福祉大

東北福祉大が大勝で開幕3連勝を飾った。大内 海斗内野手(4年=高川学園)、松本 優大外野手(4年=田村)、佐藤 悠太外野手(2年=報徳学園)が、いずれもリーグ戦初本塁打を放つなど、13安打10得点と打線が爆発。投げては今春初先発の右腕・堀越 啓太投手(3年=花咲徳栄)が、6回3安打無失点と好投した。東北大は7回に増茂 雄大内野手(4年=水城)のこちらもリーグ戦初本塁打が飛び出し一矢報いるも、反撃が遅かった。

堀越は「0で抑えられたのは良かった」と振り返りつつ、「途中、自分の失点パターンをつくってしまった」と2四球が絡んで満塁のピンチを背負った4回の投球を反省した。ただ、この日も自慢の速球は健在で、150キロ超の直球を連発。最速は初回に計測した153キロだった。

堀越は昨オフ、今オフと立て続けに茨城県つくば市のトレーニング施設で160キロ台を計測し、その剛腕ぶりが話題を呼んだ。ただ、本人は速球のみにこだわることなく「引き出しを増やす」ための練習を続け、今オフは決め球として使えるフォークの強化に努めた。徐々に精度は上がり、本人は「去年までの出来が3、4くらいだとすると、8、9くらいにはなった」と手応えを口にする。

また、コースを突く投球もできるようになり、堀越は「まっすぐだけに頼らないピッチングがまた一つ増えた。先発らしい先発になってきた」と胸を張った。今春はチームの優勝に貢献することはもちろん、個人としては初の大学日本代表候補強化合宿参加、そして代表入りを狙う。「あの場に行くだけでも勉強になると思う。個人のレベルアップのためにも行ってみたい、というか行かなければいけない場所です」。今年もニュー・堀越をマウンドでアピールし続ける。

4回に貴重な追加点となる2点本塁打を左翼席へ運んだ大内は、「打った瞬間、越えたなとは思ったんですけど、スタンドやベンチから『行った』という声が聞こえてきて自分でもびっくりしました」と「1年秋のオープン戦以来」という本塁打を喜んだ。今オフはウエートトレーニングに取り組んで体重を約4キロ増やしたが、その効果が表れた一発だった。

今年の東北福祉大打線は4年生がずらりと名を連ねる。昨年は春、秋ともに全国大会出場を逃しただけに、特に最上級生は並々ならぬ思いを持っている。大内は「ここ最近行けていない全国に、絶対に行きたい」と力を込めた。

(取材=川浪康太郎)

<関連記事はこちら>
【仙台六大学】東北学院大がサヨナラ白星発進!殊勲打の奥山蓮「4年生を勝たせたい」

この記事の執筆者: 川浪 康太郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!