試合レポート

【春季東京都大会】日大鶴ヶ丘が岩倉との接戦を制す! 小原の逆転2ラン、リリーフ住の好投光る

2024.04.15


本塁打を放った日大鶴ケ丘・小原惇矢

【トーナメント表】東京都大会 結果一覧

<春季東京都高校野球大会:日大鶴ヶ丘3-2岩倉>◇14日◇4回戦◇スリーボンドスタジアム八王子

秋はともに早稲田実業に接戦を繰り広げて敗れた日大鶴ヶ丘岩倉の対戦。力の差はほとんどないため、息詰まる好ゲームになった。

日大鶴ヶ丘は1回、岩倉の先発・上原 慶大投手(2年)を攻め、2死一、二塁から5番・西川 大智内野手(3年)が二塁打を放ち1点を先制した。続く6番・杉浦 凛内野手(3年)の飛球を岩倉の中堅手・高橋 歩夢外野手(2年)が好捕して、追加点は阻止した。

優勢に攻めていたのは岩倉の方だった。4回は2死後、5番打者で先発投手でもある上原が四球で歩くと、6番・高橋 梁内野手(3年)が二塁打で続き、7番・渡邊 恭吾内野手(3年)の左前安打で2人が生還し、岩倉が逆転した。

日大鶴ヶ丘は秋季大会でも好投した小林 駿斗投手(2年)が先発したが、小林は現在フォームの調整中で、本来の投球ができない。4回、さらに味方の失策もあってピンチが広がったところで、左腕の住 日翔夢投手(2年)に交代した。秋季大会では小林が好調であったため出番のなかった住だが、左腕で力のある球を投げる。萩生田 博美監督は、「この冬一番伸びました」と住を評価する。住の好投もあって、岩倉は追加点を奪えない。

岩倉の上原も好投して、日大鶴ヶ丘としては1点差が重い展開になっていったが、岩倉にとって唯一の「ほころび」が6回に出た。この回先頭の日大鶴ヶ丘の3番・小針 大輝内野手(3年)が四球で出ると、続く4番・小原 惇矢捕手(3年)が左翼に本塁打を放った。「狙って打ったわけでなく、次につなげるつもりで打ちました」と小原は語る。高校に入って本塁打は2本目。萩生田監督は、「初めてみる当たりでした」と語る。日大鶴ヶ丘としても驚きである小原の本塁打で、逆転した。岩倉の上原は、7回、8回を無安打に抑えただけに、1回と6回に打たれたことが響いた。

岩倉は必死の反撃に出る。7回は2人の走者を出したが、1人は盗塁失敗、もう1人は牽制でアウトになった。岩倉の豊田 浩之監督は、「勝負に行かないと勝てません」と言い、アウトになっても積極性を失わず、攻めていった。岩倉は昨年、夏も秋も9回を守り切れず敗れた。「この冬、最後まで諦めないことを意識して、練習をしてきました」と高橋 梁主将は語る。

追撃をする岩倉は、9回はこの回先頭の8番・矢野 稜真捕手(3年)が右前安打と右翼手の失策で二塁に進む。9番・芝宮 悠基外野手(2年)が送り1死三塁となる。日大鶴ヶ丘の捕手である小原は、「9回ランナーが出るのは当たり前。同点OKというイメージでやっていました」と語る。そうした気持ちの余裕が好結果につながり、日大鶴ヶ丘の住は、岩倉の1番・高橋歩を二ゴロ、2番・岩崎 佑志外野手(2年)を三振に仕留め試合終了。日大鶴ヶ丘が辛くも逃げ切り、準々決勝進出を決めた。

岩倉は春もあと1本が出ないで敗れたが、潜在的な力はあるだけに、波に乗れば、昨夏のような戦いをすることは十分可能だ。

勝った日大鶴ヶ丘は、準々決勝は國學院久我山との杉並区同士の対戦になる。準々決勝に残った西東京のチームは4。この両校は、夏は準決勝まで勝ち進まないと対戦しないだけに、どのような戦いをするか。その駆け引きも含め、注目したい一戦だ。

【トーナメント表】東京都大会 結果一覧

<関連リンク>
【春季東京都大会】明大中野が序盤のリードを守り切り準々決勝進出!早稲田実業・宇野は3試合連続本塁打
【春季東京都大会】完封負けの関東一、米澤監督「今のままだと、夏は勝てない」
【一覧】東京都 夏のシード権獲得チーム
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
【トーナメント表】東京都1次予選 結果一覧

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.16

涙の甲子園デビューから大きくレベルアップ!前橋商の192センチの剛腕・清水大暉は、高速スプリットで群馬県大会19回1失点、22奪三振の快投!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.05.16

【2024年春季地区大会最新状況】全道大会は出場校決定、関東と東海は18日に開幕

2024.05.16

U-18代表候補・西尾海純(長崎日大)、甲子園で活躍する幼馴染にむき出しのライバル心「髙尾響には負けたくない」

2024.05.16

【秋田】秋田修英と秋田工が8強入り、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.13

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?