試合レポート

【春季東京都大会】帝京打線は全国上位クラス! 徹底したフィジカルトレで都大会4試合5本塁打、新基準バットをものともせず!

2024.04.14


適時三塁打を打つ小野 寛人

<春季東京都高校野球大会 帝京6-1佼成学園>◇7日◇3回戦◇駒澤

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

ここまで都大会では3試合連続で二桁得点、4本塁打と強打を発揮している帝京佼成学園相手にも前半、強打をみせて試合を優位に進めた。

1回表に1点を失ったが、1番表西 優志外野手(3年)が内野安打で出塁。チャンスを作って西崎 桔平内野手(3年)のレフト線への二塁打で同点。5番丹羽 心吾捕手(3年)の適時打で逆転。2回裏には先発の小野 寛人投手(3年)の適時三塁打、1番表西の犠飛で4対1。3回裏には2回戦で本塁打を放っている4番奈良 飛雄馬内野手(3年)が左中間に飛び込む2ランで6対1とした。この本塁打に奈良は「初回の打席内容や、相手投手のタイプを見て、タイミングの取り方を修正し、自分のスイングができた」と振り返った。

どの選手も打球が鋭い。センバツ出場校と比べても、上位に入る打撃力だろう。金田 優哉監督は「新基準バットでどうしても飛距離は落ちます。だからといって長打を諦めたくなかった。例年以上にトレーニングの内容にはこだわって、質の高いトレーニングができた自信はあります」とフィジカルトレーニングを徹底し、強力打線へレベルアップしたのだ。

本塁打を打った奈良は「昨年、公式戦が終わってから目一杯トレーニングを行って、新基準バットで打球が飛ばないからこそ、タイミングや、配球、スイング軌道をかなり考えるようになりました。選手たちと打撃を教え合うことも増えましたし、今まで考えて打席に入るようになりました」と強打の要因を分析する。
金田監督はとにかく強いスイングをさせるのに徹底させる。
「練習では打球の角度などを意識させますが、試合の中ではチームとしてやらせてしまうとバットが出ません。だから良いスイングをすれば良い打球が飛んでいくという意識でやらせています」

また無失策の守備も光る。打撃と同じくらい守備にも量をこなし鍛えてきた帝京。各選手の守備を見ると球際の強さ、送球の強さが見える。
投げては小野が好投。初回の失点について「前回の試合と同じような感覚。また投球フォームの力の入れ具合も修正しました」と2回以降は無失点。最速137キロの速球、スライダー、カーブを投げわけ、完投勝利を挙げた。金田監督も「小野もだんだん良くなっています」と評価した。

これでベスト8。2年連続の関東大会も近づいてきた。しかし金田監督は夏に照準を置いている。
「秋は一次予選で負けたので試合に飢えています。これからの課題は2年生投手の黒木 大地村松 秀心が厳しい場面を経験して、夏につなげることができるか。練習試合と公式戦では得られるものが違います。勝てれば試合もできるので、夏につながる試合をしていきたいです」
投手、打撃、守備ともにハイレベル。ベンチ入り20人中、180センチ以上が8人、80キロ以上が10人と、かなりスケールのあるチームだ。春の公式戦が終わった頃にはもっと騒がれるかもしれない。

【トーナメント表】春季都大会 結果一覧

<関連記事>
【春季東京都大会】修徳、関東一に完封勝利でベスト8進出!指揮官もバッテリーを称賛
【春季東京都大会】完封負けの関東一、米澤監督「今のままだと、夏は勝てない」
【一覧】東京都 夏のシード権獲得チーム
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
【トーナメント表】東京都1次予選 結果一覧
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?