試合レポート

【春季東京都大会】日大三が2試合連続コールド勝ちで早大学院を退ける! “昨秋の屈辱”をバネに圧巻の勝利

2024.04.06


日大三 先発した谷亀 和希投手(3年)

昨年夏の西東京大会を制し、甲子園16強入りを果たした日大三。U-18日本代表にも選出されたエースの安田 虎太郎投手(早稲田大)が抜け、新たな投手陣の台頭がカギを握る中、先発の谷亀 和希投手(3年)が粘りの投球を見せ、早大学院に10-3のコールド勝ちで3回戦進出を決めた。

谷亀は昨年の甲子園でも2回戦の鳥栖工戦に先発。2回途中で降板したものの、三木 有造監督も、「思い切ってインコースを突くことができる」と夏のキーマンとして名前を挙げ、期待を込める。

背番号1を背負い「エース」としての投球を求められたが、2、3回に連続して失点するなどチームに流れを持ってくる投球とはいかなかった。7回途中を9被安打4四球とランナーを抱えながらも、緩急を巧みに使い分けた投球で3失点。

最終回となった8回途中からは2番手として畠山 将豪投手がマウンドに上がり、2人を連続三振に切って取りアピール。初戦は細谷 周平投手(2年)、山口 凌我投手(2年)が1失点の継投で抑えている。彼らを競わせながら夏に挑むことになりそうだ。

野手では、猛打賞の飯田 拓音内野手を始め、7番に入った岡本 弦士外野手、9番の谷亀投手といった下位打線にもマルチ安打が飛び出し、つながりを見せた。特に岡本は昨年の秋大会では4番を務め、この試合でもセンター方向へ2本の長打を放つなど、パンチ力のある打撃で存在感を放っていた。

2試合連続コールド勝ちも三木監督は「指示したことを徹底していかないといけない」と気を引き締めている。昨秋は3回戦で二松学舎大附にコールド負け。「悔しいとかそのレベルの試合ではない」。苦しい経験から一冬を越え、成長を遂げた西東京都大会王者が勝利を積み重ねていく。

<関連記事はこちら>
【トーナメント表】春季東京都大会 結果一覧
【一覧】一次予選を勝ち抜いた都大会出場48校
【トーナメント表】東京都1次予選 結果一覧
【一覧】東京都の主要大会スケジュール
25年ぶりの大転換期! 2024年東京の高校野球”3つの見どころ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.28

春の福岡地区を制した沖学園(福岡)、勝利のカギは異例の「決勝直前沖縄合宿」だった

2024.05.28

【鹿児島NHK選抜大会】錦江湾が1点差勝利!出水工の追い上げ、あと1点及ばず

2024.05.28

【鹿児島NHK選抜大会】川内商工が2試合連続逆転サヨナラ勝ち!雨のため2試合が継続試合

2024.05.28

【大分】佐伯鶴城は4戦3勝、杵築は4戦で1勝<強化試合>

2024.05.28

【北海道】北海が逆転勝利、27連勝で4季連続V達成<春季全道大会>

2024.05.25

【関東】白鷗大足利が初、逆転サヨナラの常総学院は15年ぶり決勝<春季地区大会>

2024.05.25

【熊本】九州学院、熊本工が決勝へ<NHK旗>

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.25

【岩手】盛岡大附がサヨナラ、花巻東がコールドで決勝進出、東北大会出場へ<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商