試合レポート

【春季鹿児島大会】鹿児島実が与えられた仕事をやり切って決勝進出

2024.04.05


鹿実5点目

<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:鹿児島実5-1れいめい>◇4日◇準決勝◇平和リース

鹿児島実れいめいの決勝進出をかけた第1試合は、同じ川島学園同士の対戦となった。

3回、れいめいは1死満塁と絶好の先制機を作るも、鹿児島実の先発右腕・長田 鉄生投手(3年)の前に、4番・藤本 悠人主将(3年)、5番・谷口 知希(2年)がいずれも凡飛球で打ち取られ、得点ならず。

その裏、鹿児島実は2死二塁から4番・原田 颯馬(3年)の中越え二塁打で先制点を挙げた。

れいめいの5回の攻撃を初めて三者凡退で切り抜けけた鹿児島実は、その裏、3番・西 悠太朗(3年)の右前適時打と相手のエラーで2点を追加した。

れいめいは7回、1死三塁として1番・堀之内 瑛仁(3年)の中前適時打でようやく1点を返す。

鹿児島実はその裏、下位打線が粘って3連打を浴びせ、7番・高橋 裟輝亜(3年)、8番・吉村 雅(3年)の連続適時打でダメ押しの2点を追加した。

先発の長田は9回2死まで1失点と好投。鹿児島実が川島学園対決を制して決勝に進んだ。

鹿児島実が投打に力強さを発揮して、秋準優勝のれいめいを下した。

「ピンチをしのいでから得点を挙げる。相手にダメージを与える点のとり方ができた」と宮下正一監督。「先制パンチ」はこの日も頼れる4番・原田のバットから生まれた。3回戦の鹿児島工戦の2ラン、準々決勝・国分中央戦の二塁打に続いて、この日も試合序盤で長打を浴びせてチームに勢いをもたらしている。

原田は「実はフルスイングでなくハーフスイングなんです」と宮下監督が明かす。低反発バットを未だ使いこなせず、フルスイングで打つ感覚がつかめていない。逆に言えば、前でミートしてさばくだけでスタンドに運べる力があるところに、原田の潜在力がうかがえる。

新バットを使いこなせていないのは他の打者も同じで、今大会大量点で勝てた試合が少ないのはその影響だ。それでも原田、3番・西と主軸の適時打で得点できただけでなく、7回に下位打線の連打で得点できたのは良い兆しといえそうだ。

先発右腕・長田の好投も光った。長田はベンチ外の選手だったが。本来11番をつける予定だった投手の故障で急きょベンチ入りした。元々捕手だったが打撃投手で連日投げ込んで打者と対峙するうちに、投球のコツを覚えた。「直球でも変化球でもストライクがとれる。きょうは直球が良かったので勝負球で使いました」とリードした新改 幸士朗主将(3年)は言う。尻上がりに調子を上げ、最速130キロ台後半の球威が最後まで落ちなかった。

今大会、エース井上 剣也投手(3年)は、最速150キロ台に届く直球を武器に、大きくブレーク。菅田 空来投手(3年)や大迫 比哉琉投手(3年)とタイプの違う投手が、完投、継投と様々なパターンで勝ちゲームを作り、投手陣が充実している。「それぞれタイプが違って、全員が頼りになるので、安心してリードできる」と新改主将は全幅の信頼を置いている。

チームとしては「それぞれに与えられた仕事を全力でこなしている。鹿実の野球をやり切ればどんなチームにも勝てる」手ごたえを感じている。「夏、神村学園とやれるように、これからまだまだ仕上げていきますよ」と宮下監督。そのためにも決勝を勝って、九州大会に進んで経験を積むことが大事になってくる。

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?