試合レポート

花園大のエース・藤原が最速154キロをマーク!2番・堀江が6打点の活躍で勝ち点を獲得!【京滋大学野球】

2024.04.03


藤原聡大(花園大)

<京滋大学野球連盟春季リーグ戦:花園大10-7大谷大>◇2日◇第1節2回戦◇わかさスタジアム京都

花園大が逆転勝ちで連勝。勝ち点1を獲得した。

攻守でヒーローになったのが、2安打6打点と大暴れした2番中堅の堀江 楓雅(4年=福井工大福井)。前日は途中出場だったが、「4年生ですし、ここ一番で打ってくれるかなと思った。器用なので色んなことができる」(川崎克巳監督)と期待されての抜擢だった。

まず見せ場を作ったのは守備。0対0で迎えた2回裏に二死満塁から安打を打たれると、堀江の前に打球が飛ぶ。二塁走者は本塁を狙ったが、堀江の好返球で本塁タッチアウト。先制点を与えなかった。

5回表には二死満塁のチャンスで打席が回る。「狙いは緩い球だったんですけど、何とか体が反応してくれました」とストレートを左中間に弾き返す3点適時二塁打を放ち、待望の先制点を挙げた。

花園大はその裏に6失点で逆転を許すが、6回に1点、7回に2点を返して同点に追いつく。すると、8回裏には一死満塁と絶好の勝ち越し機でまたしても堀江に打順が回ってきた。逆方向への意識があった中で内角のストレートに上手く対応して、レフトへの3点適時二塁打で勝ち越しに成功。「みんなが打たせてくれた感じですね」と笑顔を見せた。

3点リードで迎えた9回裏には昨年に152キロをマークしている藤原 聡大(3年=水口)が登板。調整遅れで開幕節はショートイニングでの出番となったが、見逃し三振、三塁ゴロ、空振り三振で三者凡退と圧巻の内容だった。球場のスピードガンでは最速151キロと表示されるも関係者のスピードガンでは自己最速を更新する154キロを計測したそうだ。

「春に向けて冬からやってきたことが出せたかなと思います」と今季初登板を振り返った藤原。体重は昨年から6㎏増の75㎏となり、さらに力強さが増した印象だ。

2季ぶりの優勝に向けてエースの復調は欠かせない。次節以降ではどんな投球を見せてくれるだろうか。

8回表に勝ち越しの3点適時二塁打を放った堀江楓雅(花園大)

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?