試合レポート

【春季東京都大会】 2年ぶり本大会出場の淑徳が1点差ゲームを勝ち切る!一昨年夏16強の都高島は初戦で姿消す

2024.04.02


淑徳 八重尾-蓮投手(2年)

都立高島は一昨年の夏大会でベスト16入りを果たした実績を持つ。一方の淑徳は一次予選で2年ぶりの春季大会本戦出場を果たした勢いに乗る。板橋区に校舎を構える両校の対戦は、1点を争う緊迫した試合展開となった。

淑徳は投手陣がテンポよく投げ込み、5回までノーヒットに抑える好投。打線も4回に2番・飯島 涼太捕手(3年)、3番・村松 啓毅外野手(3年)の連続2塁打で淑徳が先制点をあげ、リードを保ちながら試合を進めた。その後は高島先発の松本 健太朗投手(3年)を打ち崩せることが出来ず、互いに無得点の8回を終える緊迫した展開が続いた。

9回表、淑徳の攻撃でついに試合が動く。この回からマウンドに上がった高島の2番手・笹尾 隼矢外野手(3年)を責め立て、1アウト3塁と追加点のチャンスを作る。打席に立った6番関 駿内野手は3ボール1ストライクと打者有利なカウントにするも、5球目は反対方向へのファールに。それを見た中倉 祐一監督は、「引っ張ることを意識させた」と指示を送ると、関は次に来た球を引っ張り、決して打球はよくなかったものの、功を奏して3塁ランナーが生還。貴重な追加点をあげた。

2年ぶりの春季大会本戦出場で勝利目前となった淑徳だが、最終回に3番手の八重尾 蓮投手(2年)がノーアウト2、3塁のピンチを招き、一打同点の場面を迎えた。それでも、「八重尾で追いつかれたら仕方ない」と中倉監督が厚い信頼を置く2年生右腕は失点を許したものの、最後のバッターをファーストライナーでゲッツーに仕留め緊迫した試合を2-1で勝利した。緊迫した場面を切り抜けた八重尾は、「8回はいい投球が出来たが、9回の先頭バッターに四球を出して焦りが出てしまった。次の登板までにつめていきたい」と振り返った。

次戦は昨夏に38年ぶりのベスト4入りを果たした城西大城西戦が待ち受ける。中倉監督は、「今季は昨夏のレギュラー8人が残る試合経験豊富なチーム。東東京の学校と対戦することは夏に向けていい力試しになる」と話していた。

〈関連記事はこちら〉
◇春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】