試合レポート

【春季東京都大会】東京実・山菅の決勝2ランで初戦突破!公式戦初アーチに「嬉しいしかない」

2024.04.02


東京実 ホームランを放った山菅 竜馬外野手(3年)

4月1日に開幕した春季東京都大会で都立上水東京実が対戦。試合は終盤に勝ち越した東京実がそのまま逃げ切り5-3で初戦突破を決めた。

 

5回まで終え、2-2と両チーム投手陣が粘りを見せていたが、6回に都立上水が田中 昂羽内野手(3年)のタイムリーなどで勝ち越しに成功する。しかし、東京実の松田 稔監督が、「点の取られ方が良くなかったので、流れを変えたかった」と、エースの和智 直飛投手(3年)を投入。1イニングを3者凡退に抑え、再びチームに流れを呼び込んだ。

 

和智の投球に感化された打線はそのウラ、ランナーを一人置き、5番山菅 竜馬外野手(3年)が振り抜いた打球がレフトスタンドを超える2ランで逆転に成功。高校に入って初のホームランに、「とにかくランナーを返そうという気持ちだった。いままでやってきたことが最後の春で結果に繋がって嬉しい」と、喜びを爆発させ、グラウンドを一周しながら雄叫びをあげた。値千金の一打に松田監督も、「思い切りのある選手なので、いい場面で高めに浮いたボールを打ってくれた」と称えた。

 

さらに8回の守備でも「気づいたら飛び込んでいた」と語ったように、正面の打球にも恐れることなくダイビングキャッチ。ファインプレーで相手の反撃の芽を摘み、攻守で躍動した。チームを勝利に導く活躍に「本当に嬉しい。嬉しいしかないです」と笑顔で振り返っていた。

 

次戦は小松川との初戦を11-0で大勝した安田学園と対戦する。強豪との対戦も強いられるなか松井監督は、「守備のミスや四球から敗戦することが多いので、まずはバッテリーを中心にした守りを徹底していきたい」。夏大会のシード権獲得に向け、粘りを見せた東京実の戦いに今後も注目していきたい。

 

〈関連記事はこちら〉

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ優勝の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【宮崎】日章学園、富島、小林西などが初戦を突破<県選手権大会地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.14

大阪体育大の新入生に兵庫大会8強の145キロ右腕、金光大阪の1番センター、近大附の4番打者など関西地区の主力が入部!

2024.05.16

【宮城】仙台一、東北、柴田、東陵がコールド発進<春季県大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.21

【愛知】愛工大名電が東邦に敗れ、夏ノーシードに!シード校が決定<春季大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.04.22

【春季愛知県大会】中部大春日丘がビッグイニングで流れを引き寄せ、豊橋中央を退ける

2024.04.22

【鳥取】昨年秋と同じく、米子松蔭と鳥取城北が決勝へ<春季県大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?