試合レポート

【春季東京都大会】都立雪谷が序盤で決着、元国士舘・永田監督率いる明星は初回にまさかの乱れ

2024.04.02


<春季東京都高校野球大会:都立雪谷13-3明星(5回コールド)>◇1日◇1回戦◇府中市民

明星は今シーズンから国士舘の監督としてセンバツで4強2度など、輝かしい実績を誇る永田昌弘が新監督に就任した。ユニホームも、今までは白地に赤いアンダーシャツだったが、この試合からグレーの地に、えんじのアンダーシャツに変わった。まさに「ニュー明星」のお披露目の試合であったが、結果は厳しいものになった。

1回、都立雪谷は、1番の小原 陽が右前安打を放つ。2番・高瀬 航大のバントは内野安打になり、明星の先発、エース・寺澤 拓実投手(2年)の投球が完全におかしくなった。ここから3人続けて四球で、押し出しにより都立雪谷が2点を先制する。さらに6番・山本 倖大、7番・財津 佑頼が続けて犠飛を放って、さらに2点を追加した。都立雪谷は2回も1番・小原の三塁打などで1点を追加する。

都立雪谷は背番号18の右腕・長浜 寛人投手が先発。伊達昌司監督が、「コントロールがいいので、試合を作れる」ことを期待しての先発だった。2回、明星は、この回先頭の6番・高松 優伍内野手(3年)が死球で出ると、すかさず二盗し、内野ゴロと犠飛で生還し、「永田野球」の片鱗をみせた。

しかし、3回、都立雪谷は1死一、二塁から5番・財津の二塁打で2点を追加。8番・加藤 聖季の右前安打に続き、9番・長浜のスクイズは野選となり1点を追加。さらに1番・小原の二塁打でさらに1点。2番・高瀬の三塁打で2点を追加するなど、この回一挙に7点を入れた。

都立雪谷の1番・小原は第1打席の右前安打に続き、第2打席は三塁打、第3打席は二塁打と大当たり。伊達監督も、「身体能力は高いです」と言う。また小原は、「1次予選は打てませんでした。体が開く癖があるので、学校のケージで、右方向を意識して練習しました」と語る。その成果が出ての快打だ。

都立雪谷は4回も1点を追加。明星の永田監督が「意地をみせろ」と激を飛ばす中、5回、明星は、都立雪谷の2番手・熊田 航大投手から、1番・目黒 永人内野手(3年)の三塁打、3番・相馬 大輝外野手(3年)の二塁打などで2点を返し、あと1本出れば5回コールドは免れるところまできたが、急遽リリーフした都立雪谷の3番手、アンダースローの早瀬 文音投手に打ち取られ、13対3の5回コールドが成立した。

都立雪谷は夏の大会で先発した背番号1の亀田 修一投手(2年)ら、投手陣は豊富だ。打線も1番の小原をはじめとして、7番の財津など、打順に関係なく鋭い振りをしている。この春、責任教師で早稲田実業出身の西悠介が都立東大和南に異動になった。「お世話になった先生が異動になりました。3回戦まで勝ち進み、早稲田実業に勝つことが恩返しになると思います」と小原は語る。まずは2回戦の工学院大附との試合が重要である。勝てば早稲田実業と夏のシードを賭けた戦いになる可能性が出てくる。

永田監督率いる明星は、厳しいスタートになった。「勝ち方を知らないので本番での心の持ち方がまだまだですね」と語る。とはいえ、「昭和58(1983)年、高校野球の監督としてのスタートもコールド負けでした」と永田監督。83年の春季大会では永田監督率いる国士舘城西大城西に5対12でコールド負けを喫している。永田監督はベテランとはいえ、年齢を重ねても情熱は衰えない。コールド負けのスタートから、チーム力をどう引き上げていくか。今後の戦いを注目したい。

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?