試合レポート

【春季鹿児島大会】れいめいの4投手陣が役割果たして逃げ切り

2024.04.02


<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:れいめい3-2大島>◇1日◇準々決勝◇平和リース

れいめい大島は昨秋の1回戦でも対戦し、この時はれいめいが3対0で完封勝ちしている。一冬を越えて両者がどう成長したかがよく分かる好勝負となった。

先手を取ったのはれいめい。3回、2死一、二塁から3番・川端 聖七(3年)が左前適時打を放ち、先制点を挙げた。

大島は4回から反撃。1死満塁から押し出しで同点とし、5回は1死から1番・中田 舜也(3年)が右中間を破る三塁打を放ち、2番・吉野 翔(3年)の中前適時打で勝ち越しに成功した。

れいめいは2死一、二塁となったところで先発した2年生左腕・伊藤 大晟から3年生右腕・北田 閏大にスイッチ。四球で満塁とするも、後続を打ち取り、追加点を与えなかった。

れいめいは6回、2死二塁から6番・鈴木 晴也(3年)の左前適時打で同点に追いつく。7回からはエース谷内 秀乃介(3年)を送り、大島打線に反撃の機会を与えない。

9回、一死から7番・前平兼伸(3年)が右翼線二塁打で出塁。2死となったが9番・岩森 蓮(3年)が左越え二塁打で勝ち越しに成功した。

8回、谷内に代打を出したことで、9回は4番手・高田 直輝(3年)がマウンドに上がる。連続三振、二ゴロの三者凡退で切り抜け、1点差ながられいめいが昨秋に続いて勝利した。

「4人の投手陣がよく頑張ってくれました」とれいめい・湯田太監督。昨秋は県下屈指の右腕・谷内が、ほぼ1人で投げて準優勝と結果を残したが、夏に向けては他の投手陣の成長が大きなカギになる。3回戦の鹿児島商とこの試合は、公式戦初先発となる2年生左腕の伊藤を起用。北田、谷内、高田と3年生右腕が後を引き継ぎ、大島打線を2失点で抑えた。

序盤は「失点してもいいから、1イニングの失点を最少で切り抜ける」よう思い切った投球を、中盤以降は「なるだけ失点しないように、守備も周りで盛り上げて打線につなげる」ことを求め、期待通りの野球をチームでやってくれた。3回戦の鹿児島商戦に続いて「1点差の接戦をものにできたこと」にチームの成長を感じていた。

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?