試合レポート

【春季鹿児島大会】出水中央、継投策的中!主砲も活躍し樟南を振り切る

2024.04.02


出水中央・福脇

<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:出水中央3-2樟南>◇1日◇準々決勝◇平和リース

出水中央は1回、無死満塁と絶好の先制機を作り、4番・竹山 拳士郎主将(3年)が右越え二塁打を放って2点を先制した。

2回は先頭の7番・村本 幸一郎(3年)が左越え三塁打で出塁し、捕逸で3点目を挙げた。

このまま一気に出水中央が畳みかけそうな勢いだったが、樟南は右横手の犬窪 晴人(2年)をリリーフで送り、後続を断った。3回以降は犬窪が1安打に抑える好投で、失点を食い止め、味方打線の反撃を待った。

出水中央の先発は右横手の背番号10・福脇 宗矩(3年)。背番号が見えるほど体をひねる独特の「トルネード」投法から、緩急を生かした丁寧な投球で、樟南打線を5回まで1安打無失点に抑えた。

6回、樟南は1番・新藤 侑芯主将(3年)が中越え三塁打を放ち、2番・政野 宏太(2年)の犠飛で1点を返した。

7回、2死ながら3四死球で満塁となったところで、出水中央は福脇から左腕エース・坂口 楓(3年)にスイッチ。8回にエラーで1点を失い、1点差となったが、9回は無失点で切り抜け、強豪・樟南に競り勝った。

主砲が打ち、投手陣が抑える。チームの持ち味を随所に発揮した出水中央が4強入りを果たした。

序盤は「相手投手に関係なく、自分たちの打撃ができていた」と右田一彦監督。立ち上がりから畳みかけ、今大会好調の4番・竹山主将の二塁打で2点を先取した。「自信をもって打席に立てた。大きいのを狙わず、低い打球を打つ意識で打てた」と先制打の場面を振り返った。

3点目を取ってからは、樟南の2番手・犬窪を打ちあぐね追加点が奪えず。「次の1点が早く入れば、相手に大きなダメージを与えて勢いづけたが、この辺がまだまだ」と右田監督は課題を見出していた。

3回以降、自慢の攻撃を機能しきれなかった中で、勝利の原動力となったのが福脇、坂口の投手陣だ。「どちらがエースでもおかしくない力がある」と指揮官からの信頼熱い2人が、樟南打線の反撃を2失点で切り抜けた。

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】