試合レポート

【春季沖縄大会】宜野座が秋春連続4強入り、最少得点ながら相手にダメージを与えて快勝

2024.03.31


<第71回沖縄県高校野球春季大会:宜野座3-0嘉手納>◇30日◇準々決勝◇宜野湾

大会初登板の比嘉 翔吾は、多くの好投手陣を擁する宜野座にあって、背番号こそ7だが、大黒柱として秋はエースナンバーを背負っていた。「彼の良いところが出た。ずっと前からこの日が登板だぞと伝えてきて、きっちり調整してくれた」と宮城 岳幸監督。ヒット6本を許す中、それぞれのイニングの中で、2本目は阻止し続ける粘り強いピッチングで最後まで投げきり完封。チームを春の大会10年ぶりのベスト4へと導いた。

宜野座は3回、1死からエラーで出塁した後、9番・山城 連が三塁へのバント安打を試みる。これが一塁への悪送球となり二走が生還し先制した。

さらに5回、8番・大城 祐乃が左翼への二塁打で出塁。雄叫びでベンチを鼓舞すると、2死三塁の場面から2番・東成が絶妙なバント。もちろん2死なので一塁でアウトにすれば良いのだが、転がすタイミングと走り出す瞬間、そしてトップスピードの全てが完璧で一塁セーフ。東成だけでなく、この冬、ナインがやってきたスモールベースボールは通用すると、改めて感じられる1点でもあった。

6回にも押し出し四球で加点した。

投げては左腕・比嘉 翔吾が粘投。低めに落ちる変化球を駆使して嘉手納打線に的を絞らせず、終盤のピンチも冷静に対処するなど要所を締めて見事完封。10年ぶりのベスト4進出へとチームを導いた。

「欲を言えば打撃に関してもまだまだできる子たち。これから帰ってすぐ練習です」と宮城監督も、勝って兜の緒を締めることを忘れない。相手は興南に決まった。ジャイアントキリングから春の頂点へ。そして夏には、2001年以来となる甲子園への切符まで突き進む。

次のページ:夏への可能性大の嘉手納ナイン

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 當山 雅通

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?