News

【センバツ準決勝第一試合見どころ】星稜-健大高崎は超高校級捕手対決に注目!

2024.03.30


第96回選抜高校野球大会(センバツ)も、4強が出揃い、いよいよ佳境に入ってきた。30日に準決勝が行われるが、カード別にみどころを紹介したい。

第1試合は星稜(石川)と健大高崎(群馬)が対戦する。昨年秋の明治神宮大会優勝校と、昨年秋の関東大会4強チームの対戦となった。今大会の戦いぶりからでも、多くの見どころはあるが、ここは両チームの捕手に注目したいと思っている。

星稜は2年生ながら3年生の投手をリードしている能美 誠也捕手(2年)がいる。6番打者ながら今大会は打率.556。チームで唯一の三塁打を放つなど長打力も発揮しているが、快足の持ち主でもある。今大会ここまで3盗塁をマーク。4強チームのメンバーでもトップの数字だ。低反発バット使用となり、ますます足を使った攻撃が重要視されるなか、星稜の捕手は足でも活躍している。

これを止める役目になるのは、健大高崎の主将でもある箱山 遥人捕手(3年)。こちらはプロ注目のドラフト候補生で、二塁到達は1.8秒台の強肩を持つ。1学年下の能美を自由に走らせるわけにはいかない。意地とプライドで全力で阻止するに違いない。もちろん、出塁させなければ足も使えない。投球のリード面でも、打者の能美を抑えにかかるはずだ。

将来性の高い2人だけに、今後のステージでも「対決」は見られるかもしれない。甲子園での「初対決」の結果は、そのままチームの勝敗に直結すると見ている。

<星稜予想スタメン>
(遊)吉田 大吾(3年).250(12-3)
(二)中谷 羽玖(3年).222(9-2)※
(中)☆芦硲 晃太(3年).091(11-1)※
(三)萩原 獅士(3年).182(11-2)
(一)服部 航(2年).167( 12-2)※
(捕)能美 誠也(2年).556(9-5)※
(右)専徒 大和(3年).222(9-2)※
(左)中島 幹大(3年).556(9-5)※
(投)佐宗 翼(3年).000(5-0)
<星稜投手成績>
佐宗 2試合15回11三振7四死球4失点 防御率2.40
戸田 2試合11回7三振1四死球0失点 防御率0.00
道本 1試合1回1三振0四死球0失点 防御率0.00

<健大高崎予想スタメン>
(右)斎藤 銀乃助(3年).273(11-3)※
(遊)田中 陽翔(3年).417(12-5)※
(二)高山 裕次郎(3年).400(10-4)※
(捕)☆箱山 遥人(3年).400(10-4)
(一)森山 竜之輔(3年).100(10-1)
(三)加藤 大成(2年).222(9-2)※
(左)横道 周悟(3年).200(5-1)※
(投)佐藤 龍月(2年).000(8-0)※
(中)佐々木 貫汰(3年).333(9-3)
<健大高崎投手成績>
佐藤 3試合19回19三振7四死球0失点 防御率0.00
石垣 3試合8回6三振6四死球1失点 防御率1.13
(☆は主将、※は左打ち)

<準決勝第2試合の見どころはこちら>
【センバツ準決勝第二試合見どころ】中央学院-報徳学園のカギは、中央学院投手陣! 報徳の好調”3人の左打者”をどう抑えるか

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.24

【関東】25日に準決勝、2戦6発の帝京の打棒が響き渡るか<春季地区大会>

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】