試合レポート

【春季東京大会一次予選】イチローが指導した都立新宿が都大会へ進出!レジェンドの言葉「やるのは自分たちだよ」を胸に刻んで

2024.03.24


勝利した都立新宿

<春季東京都高校野球1次予選:都立新宿8-0都立南平(7回コールド)>◇23日◇代表決定戦◇国士舘グラウンド

2022年度は1日で60万人近くが乗車するという記録が残るなど、巨大ターミナル駅となっている新宿駅。そんな新宿駅から徒歩5分ほどのところにある都立新宿は偏差値70近くある進学校だが、野球部は文武両道を貫く姿勢から、2022年11月にはイチロー氏が訪問して指導にあたったことが話題になった。

あれから1年4か月、都立新宿はブロック予選で都立南平と対戦して、8対0の7回コールドで勝利した。
1対0で迎えた5回に、3番・江森大智から3連続適時打などで一挙7得点。試合の主導権を握り、都大会出場を決めた。

「今年はトレーニングを頑張っていましたので、新基準バットになっても影響が小さく、むしろ打てている。それが自信になっていると思います」

秋からチーム指揮している長井監督は都大会出場の喜びを感じながら、一冬での成長点を挙げる。そこにはイチロー氏から学んだことも関わっている。

「時間や場所がないなか、トレーニングを週4日組みましたけど、選手たちは主体になって朝7時半から始めるなどして、提示したメニューをやりきってくれました。
たしかに当時は選手や私にとってもイチローさんとの出会いは大きなものでしたが、あれは原点であって、『やるのは自分たちだよ』と話しています。思い出で終わるのではなく、続けていくことが大事だと思っていますので」

3月に卒業したOBの姿を見ても「イチローさんの伝えようとした意図を、自身の生き方に落とし込んで、文武両道をやり切った。その姿がイチローさんの指導の価値を高めてくれた」と長井監督は話す。

当時1年生で指導を受け、現在は主将としてチームを引っ張る中川翔太捕手の心にも、当時の経験は強く刻まれている。
「基本に忠実、そして徹底してやっていることを学ばせてもらったので、このオフはとにかく基本的な技術練習をやりました。
あとは『ちゃんとやってね』というメッセージは刺さっています。野球はもちろんですけど、『勉強もちゃんとやってね』という意味だったと思うんです。自分たちは夏に野球が終わっても、そこから勉強もしっかりやるチームなので、両方にメッセージを送ってくれたと感じています。先輩もそこを理解したから、凄い大学に進んでいると思います」

実際、筑波大など国立大に現役で合格する選手もいるなど、まさに文武両道を貫いた選手が今年もいる。その姿が「励みになるし、自分たちもしっかりやらないといけない」と刺激になっていると中川主将は話す。

継続は力なり、という言葉があるが、都立新宿の場合は文武両道をやり続けることが、力になるはずだ。
都大会では初戦で都立日比谷と対戦。同じく文武両道で奮闘する都立高が相手なだけに、「野球で負けるわけにはいかない」と中川主将、長井監督は口を揃えて語る。果たして軍配はどちらに上がるのか。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?