試合レポート

【春季東京大会一次予選】都立松が谷の曽我が6安打1失点、8奪三振の完投で初戦を飾る

2024.03.22


曽我櫂大(都立松が谷)

<春季東京都高校野球1次予選:都立松が谷2-1中大附>◇16日◇1回戦◇日大二グラウンド

ともに秋は惜敗して都大会に出場できなかった都立松が谷中大附の一戦は、両チームのエースの好投で、引き締まったテンポのいい試合になった。

都立松が谷の先発・曽我 櫂大投手は、1回に守りのミスもあり2人の走者を出したものの、3人を三振に仕留め、快調な立ち上がり。対する中大附大塚 正景投手は、下手投げで遅い球を有効に使い、都立松が谷打線を翻弄する。秋は上から投げていたが、「考えながら投げています」と佐藤天馬監督は言う。

2回、都立松が谷は2死から好投している曽我が三塁打を放ったが、得点には結びつかなかった。ただ、この三塁打は思った以上に打球が伸びた結果だった。「芯に当たらないと飛びません」と、三塁打を打った曽我は言う。逆に言えば、芯にさえ当たれば、意外と飛ぶということだ。それに外野手がまだ、打球の判断に戸惑っている感じだ。

4回、都立松が谷は2死一、二塁から7番・珍部 陸斗が左前安打を放ち1点を先制する。

しかし、5回、中大附は9番・吾妻 優樹が左中間を破った打球が、外野を転々と転がりランニング本塁打になった。曽我としてはこの試合、唯一と言っていい失投だった。

1対1の同点のまま、球威のある速球とスライダーを低めに決める曽我と、下手投げから遅い球で相手打線を翻弄する大塚の息詰まった投手戦になった。タイブレークの可能性が高まった8回、都立松が谷は3番・伊勢川が二塁打を放ち、5番・佐川 心也の中前安打で還って1点を勝ち越した。

曽我は9回、バントによる内野安打を打たれたものの、無失点に抑え、都立松が谷が接戦を制した。

この試合は都立松が谷のエース・曽我の好投が光った。都立松が谷の佐々木重任監督は、「成長したと思います」とその好投を称えた。曽我は身長180センチで、体重は、夏は65キロだったが、今は75キロになった。まだ見た目は細い感じがするが、体重が増えた分、球威が増した。加えて「体が開かないようにするなど、体の使い方を覚えました」と曽我は言う。こうした努力で、秋から一段と成長した。

中大附は秋に続いて終盤に競り負けた。「チームの中で会話して、頭の中を整理していきましたが、攻めあぐねました」と佐藤監督は言う。エースの大塚が考えて下手投げにフォームを変えるなど、チーム全体に向上心があり、可能性は感じられた。最後勝ち切る勝負強さをどう身に着けるかが、夏への課題となる。

<関連記事>
【トーナメント表】東京都大会・ブロック予選の結果
春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
【トーナメント表】2023年秋季東京都大会 結果一覧
【東京】帝京、堀越など秋季都大会を逃した実力校たち

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード