試合レポート

【春季東京大会一次予選】世田谷学園・エース・石橋が4回以降に立ち直って勝利を呼び込む

2024.03.22


石橋泰正(世田谷学園)

<春季東京都高校野球1次予選:世田谷学園7-2大森学園>◇17日◇1回戦◇都立府中工科グラウンド

強い風が吹き荒れる中で、世田谷学園大森学園の対決が始まった。

世田谷学園の先発はエースの石橋 泰正投手(3年)。肩を痛め、夏はベンチ入りできず、秋も短いイニングを投げただけだった。満を持して春の登板になるはずだったが、「先週マメがつぶれてしまいました」と石橋は言う。一方、大森学園は、石黒隼監督が「試合を作ってくれる」と安定感のある背番号10の藤井 柊斗投手(3年)が先発した。

先制したのは世田谷学園だった。2回、この回先頭で打撃もいい5番・石橋が左前安打で出塁すると犠打で二塁に進み、8番・中野 大輔の中前安打で生還した。

しかし、その裏大森学園は2死一、二塁から8番・廣井 泰士外野手(3年)の二塁打で1点を返し、同点に追いつく。

打線に力のある大森学園は、3回も2死から3番・荒川 圭吾外野手(3年)が二塁打を放ち、4番・佐藤 克の二ゴロは敵失となり、荒川が生還。大森学園が勝ち越した。

世田谷学園の石橋は序盤、苦しい投球が続いたが、リードされてから「力が抜けました」と石橋は言う。直球にも力があるが、カットボール、スライダー、スプリット、チェンジアップなど多彩な変化球を投げ分ける。4回以降は落ち着いた投球で大森学園の強力打線を抑え、安打は8回に1本打たれただけに抑える。

石橋が立ち直ると、打線に勢いが出る。5回は4番の坂本 勇希内野手(2年)が本塁打を放ち、同点に追いつく。

5回終了後のグラウンド整備が終わると、世田谷学園の攻撃が一気に勢いづく。6回、この回先頭の7番・犀川 遼捕手(2年)が二塁打で出塁すると、続く中野のバントは内野安打になる。中野が盗塁して無死二、三塁となって9番・野原 大快内野手(3年)の二塁打で世田谷学園が2点を勝ち越す。さらに2番・松下 卓飛内野手(3年)が三塁打を放って1点を追加する。

大森学園は秋の佼成学園戦も3回にビッグイニングを作られ敗れており、苦しい展開だ。ここで大森学園は藤井に代わり背番号1の冨谷 拓海投手を投入する。冨谷は以前なら二段モーションにされるフォームだが、この春から二段モーションは反則投球とならないことになっており、思う存分投げられる状態だ。6回のピンチを切り抜けると、7回、8回で奪三振4の無失点で抑える好投をみせる。

大森学園としては9回も抑えて勢いをつけたいところであったが、9回に3番・海老澤 遼人内野手(3年)が敵失で二塁に進むと、4番・坂本の二塁打で1点を追加。さらに失策が出てもう1点を追加して勝負は決まった。

9回裏は石橋が2三振を含めて三者凡退に抑えて、7対2で世田谷学園が勝った。

勝った世田谷学園の成瀬智監督は、「3日前までテストがあって、練習があまりできませんでしたが、自滅しないようにやろうと言って、試合に臨みました」と語る。エースの石橋は序盤に崩れかけたが、4回以降は立ち直り勝利を呼び込んだ。代表決定戦では都立練馬にも勝利して都大会出場を決めた。

大森学園は、秋は佼成学園に敗れ、公式戦は秋の2試合と春の1試合を経験しただけで夏の大会に臨むことになる。「くじ運のめぐり合わせもありますが、守備が乱れてしまっては。戦える選手にならないと」と語った。それでも、秋よりは確実に力をつけているが、力のあるチームに勝つには、まだ何かが足りないということだろう。都大会を経験できないまま夏を迎えることになる。ただ相手校にしてみれば、大森学園は情報のないチームとなる。それをいかにプラスとできるか。これからの練習にかかっている。

<関連記事>
【トーナメント表】東京都大会・ブロック予選の結果
春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
【トーナメント表】2023年秋季東京都大会 結果一覧
【東京】帝京、堀越など秋季都大会を逃した実力校たち

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード