試合レポート

【春季東京大会一次予選】立正大立正が3回の猛攻で6回コールド発進

2024.03.22


3回立正大立正・松尾耕史郎 三塁打を放つ

<春季東京都高校野球1次予選:立正大立正10-0石神井(6回コールド)>◇16日◇1回戦◇日大二グラウンド

都立石神井は、日本人で初めてサッカー・ワールドカップで主審を務めた高田静夫氏を輩出するなど、都立校としては、スポーツが盛んだ。ただ野球となると、日大三で全国制覇を経験した元ヤクルトの内田和也監督が率いる立正大立正に挑戦する立場だ。

試合の序盤は、緩急をつけた投球をする都立石神井の先発・古作 成投手をバックもしっかり守って得点を許さない。2回は2死満塁のピンチを迎えたが、しっかり守って無失点に抑えた。都立石神井の守備は、決して華麗ではないが、球をしっかり抑えて、堅実に守る。木村莉咲マネージャーが毎日ノックを鍛えてきたという。「ノッカーもうまくなりましたし、守備も良くなりました」と都立石神井の中村勘太監督は言う。逆に立正大立正は、「硬さがありました」と内田監督は言う。

しかし、立正大立正は攻撃の引き出しが多い。3回1死後、3番・加藤 輝外野手(3年)がバントで内野安打にすると、すかさず二盗し、4番・片岡 樹希内野手(3年)の右前安打で1点を先制する。5番・佐藤 旬外野手(3年)も右前安打で続き、6番・松尾 耕史郎の右中間を破る三塁打で2人が生還する。こうなると、立正大立正打線は止まらない。1番・嘉数 将勝内野手(3年)の二塁打を含め、この回7安打に四球や失策を加え一挙に8点を挙げた。

立正大立正の先発・矢澤 悠投手は1回に都立石神井の3番・大木 拓朗に左前安打を打たれただけで、その後は三者凡退に抑える危なげのない投球をした。

結局、6回に立正大立正は、内野安打1本に4四球で押し出しの2点を挙げ、10対0の6回コールドが成立した。勝った立正大立正は、都立松が谷との代表決定戦でも勝利して都大会出場を決めた。

立正大立正の内田監督は高校生時代、日大三の強力打線の中核で全国制覇を果たした。今年から導入される新基準のバットについて、打球が飛ばなくなったことは認めつつも、「打てなくなると言うけれども、ある程度打てないと勝てません」と言う。

木製バット時代は、ロースコアの試合が多かった。新基準のバットは木製バットと感覚的に近いとは言うものの、今は筋トレ、食トレで体を作っており、半世紀前の木製バット時代のほどのロースコアにはならないだろう。とはいえ、昨年までと比べると、得点が入りにくくなるのは確かなだけに、守りの重要さは今までより増すし、攻撃のバリエーションは求められる。内田監督が率いる立正大立正が、新基準のバットにどう対応するか、都大会の戦いが注目される。

<関連記事>
【トーナメント表】東京都大会・ブロック予選の結果
春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
【トーナメント表】2023年秋季東京都大会 結果一覧
【東京】帝京、堀越など秋季都大会を逃した実力校たち

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

もっと見る

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商