試合レポート

【東京春季大会一次予選】都立城東が追い上げる海城を何とか振り切って本大会進出を果たす

2024.03.21


城東・松尾颯祇

<春季東京都高校野球1次予選:都立城東9-5海城>◇20日◇代表決定戦◇成蹊学園

都立城東は過去、1999年と2001年夏に甲子園出場を果たしているが、2001年の甲子園出場の際に4番打者として活躍していたのが内田稔監督だ。その後も、ベスト4に進出するなど、東東京では21世紀枠でセンバツ出場を果たしている都立小山台や、03年夏に甲子園出場した都立雪谷などと並んで、都立の強豪として定着している存在だ。もっとも、昨秋は八王子実践に敗れて本大会進出を逃している。それだけに、今春の大会では、まずは本大会進出を果たしたいところであろう。1次予選の初戦では会場校の成蹊に9対2でコールド勝ちして、この代表決定戦に進出している。

その都立城東に挑む形になったのが、かつての海軍兵学校を目指す生徒たちの予備校として設立されたという歴史を汲む海城である。創立以来130年以上の歴史を有する男子校であり、難関大を目指す生徒たちからは人気の進学校でもある。新大久保駅からほど近い都心にある学校は、グラウンドも広くなく野球部活動という点からすれば、必ずしも恵まれた環境ではない。それでも、今大会では1回戦では都立五商を12対2のコールドゲームで下して代表決定戦へ進出してきた。

天気予報では、午後からは天気が崩れるようだということも告げられていたので、1試合目が早く終わったということもあって、予定よりかなり早くプレーボールとなった。途中、雨による10分ほどの中断はあったが、結果的には、本部のその判断は正解だったということになった。

この試合前の都立城東は、チーム状態としては、必ずしも万全ではない状態だということだった。それでも、初回には1番・田村が安打すると、すかさず盗塁を決め、さらに三塁まで進めて、4番・小関の左前打で先制。2回にも松尾、藤代が三塁打、二塁打と長打を連ねて、相手のバント処理ミスやバント安打に犠飛や相手失策も絡んで4点が入る。守っても3回には無死満塁から投手からの本塁併殺プレーで交わした。その回に1点は失ったものの、都立城東としては、いい形の前半だった。

先発した柳瀬投手は3回で外野へ回り、4回からはここまでマスクを被っていた松尾捕手がマウンドに立った。内田監督は「柳瀬も、もっと投げられていいはずなんですけれども、安定感があるので松尾に任せた形になった」というつもりで送り出した。

6回にも都立城東は1死から、松尾の安打に、二盗、三盗とかき回して、犠飛に9番・伊東陸の安打などで、さらにリードを広げた。このままいけば、コールドゲームの可能性もあるかなというところだったのだが、海城は7回に反撃する。この回先頭の6番・星が二塁打。暴投で三塁へ進むと、代打・山本が適時打。なおも一宮の左前打に失策なども重なって、この回に海城は3点を返した。海城の各打者は、思い切りよくスイングしてきているので、都立城東としても、安心はしていられないであろうという雰囲気になってきた。

それでも都立城東は、8回にも伊東ら下位打線がしぶとく打っていき、相手失策もあって2点を追加した。

しかし、海城も粘る。9回にはこの回先頭の、8番・一宮が懐に入ってきた松尾投手の球を思い切りよくスイングすると、右翼ポールを巻くようにして柵越え本塁打となった。飛ばないと言われている新基準バットでも、こういう形で本塁打になるんだ、と思わせてくれる一打だった。こうして、海城はリードされてもくい下がっていったが、都立城東バッテリーも、何とか粘る海城打線を交わして逃げ切った。

内田監督としては、「あまりいい状態ではない中で、それなりに良かったといっていいのではないかと思う。とにかく、本大会へ進めてよかった。多少は時間もあるので、次までには、いい状態にしておきます」と、2週間の間には、しっかりとチームを整えていくという心積もりを語っていた。

<関連記事>
【トーナメント表】東京都大会・ブロック予選の結果
春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
【トーナメント表】2023年秋季東京都大会 結果一覧
【東京】帝京、堀越など秋季都大会を逃した実力校たち

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.21

【広島】広陵はコールド発進、山陽は1点差勝利で初戦を突破<春季県大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード