試合レポート

【春季鹿児島大会】徳之島「スケールの大きい野球」ができた!

2024.03.21


徳之島・嶺本 倫太郎

春季鹿児島大会 トーナメント表はこちら

<第154回九州高校野球大会鹿児島県予選:徳之島18-0曽於(5回コールド)>◇20日◇1回戦◇鴨池市民

徳之島は初回、無死一、二塁から3番・嶋田 翔仁(3年)の中越え三塁打で2点を先制。4番・上原 龍樹(3年)が右越え二塁打、5番・嶺本 倫太郎(2年)が右前適時打と続き、中軸の3連続適時打で勢いに乗った。

6点目を重盗で挙げるなど足を使って効果的に揺さぶり、相手のエラーも絡み、初回は打者14人7安打で9点を先取して主導権を握った。

2回は2点、3回は3点と攻撃の手を緩めず。

4回のみ無得点だったが、5回は3本の長打を集中するなど再び打線がつながり、打者10人で4点をダメ押しした。

エース嶺本は5回まで曽於打線を内野安打1本に抑え、三塁を踏ませなかった。

この春から低反発バットが導入された。攻撃が持ち味の徳之島がどう変化するか注目したが、17安打18得点で圧勝。勝 亮翔主将(3年)は「スケールの大きい野球ができた」と新バットにうまく対応できた手応えを感じていた。

初回先頭打者の主将がチームに火をつけた。「初球から積極的に行く」と右前に鋭く弾き返し、2番・幸 大翔(3年)の初球で果敢に二盗を決めた。昨秋はケガで出場機会の少なかった3番・嶋田の中越え三塁打で2点を先制。初回の9得点で主導権を握り、攻撃の手を最後まで緩めず、攻守で圧倒した。

昨年10月頃から新バットで練習を始めたが「打球があまり飛ばなくなったので自信を無くしかけた時期もあった」(地頭所眞人監督)。従来の金属バットよりも細身で、芯の部分が小さくなった分、力を正確にバットに伝える技術が要求される。この冬場は従来の体作りや振り込みに加えて、技術的な部分の試行錯誤も続いた。

打ち上げたら打球は伸びない。「低い打球で右中間や左中間を抜く」(地頭所監督)イメージで打つ意識を心掛けた。打球が伸びにくくなった分、守備位置の感覚も従来と変わってくる分、その対応も必要だった。選手によっては金属ではなく木製バットを使用することも。「芯でとらえたら新金属バットよりも飛距離が出る」からと勝主将は木製バットを使っている。

大会前の練習試合もほとんどできなかったが「バットが変わったから野球が小さくなるのではなく、大きな野球をする」(勝主将)意気込みで大会に臨んだ。その意気込みを大会初日の最初の試合で存分に発揮できた。「神村学園が出ていない大会。優勝して夏につなげたい」と意気込みを語っていた。

春季鹿児島大会 トーナメント表はこちら

<関連記事>
【春季鹿児島大会】国分が23安打28得点の猛攻
【春季鹿児島大会】沖永良部はコールド阻止ならず!鹿屋中央が快勝
【春季鹿児島大会】出水中央が4回裏に一挙9得点で試合を決める
【春季鹿児島大会】鹿児島南が2死から7連打でコールド勝ち
【春季鹿児島大会】鹿児島商が10安打10得点でコールド勝ち

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード