試合レポート

【春季東京大会一次予選】八王子が好機に堅実に加点し、立教池袋元U-12投手を攻略!

2024.03.21


八王子・岸野帆那海

<春季東京都高校野球1次予選:八王子4-1立教池袋>◇20日◇代表決定戦◇八王子高校

八王子の安藤徳明監督は、「ケガ人が多くて…」と苦しいやりくり。一方、立教池袋のエース・林 京乃佑投手(2年)はU‐12日本代表だった。「八王子さんは強豪なので、いま持っているものを全部ぶつけて、自分の力を試したい」と林は言う。勝つために全力を尽くすことはいうまでもないが、立教大に進むことを想定して、自分の課題をしっかり確かめたいという気持ちで臨んだ。試合前に振っていた雨は止んだが、急に冷え込む中で試合が行われた。

立教池袋の林は、伸びのある直球とスライダーなど変化球で八王子打線を抑えていたが、2回と5回だけは少し乱れた。2回、八王子は2つの四球と7番・渡辺 周内野手(3年)の左前安打などで1死満塁とし、9番打者で先発投手の島田 悠之介投手(2年)の遊ゴロの間に1点を先制する。さらに1番・井上 将内野手(2年)の左前安打で1点を追加する。

5回、八王子はこの回先頭の2番・佐久間 淳大が中前安打を放つと、二盗し、4番・豊田 俊治捕手(3年)の左前安打で還り1点を追加。その後2死一、二塁となり、7番・渡辺が中前安打を放ち、さらに1点を追加する。少ないチャンスを確実に物にするところが試合巧者の八王子らしさだ。しかしそれ以外の回は、目立った攻撃はなかった。

一方、昨夏は1年生ながらベンチ入りしながら、秋は故障で投げられなかったエースの島田は、前半5回をしっかり抑えたが、6回に失策と四球で無死一、二塁となったところで秋も投げている横手投げの岸野 帆那海投手(3年)に交代した。島田について安藤監督は「体力がないですね」と厳しい評価をした。6回、立教池袋は犠打と内野ゴロで1点を返した。

一方、立教池袋の林は6、7、8回を三者凡退に抑え、八王子打線を封じる。しかし立教池袋打線は、走者は出すものの、6回の1点以外に得点を挙げることができず、4対1で八王子が勝ち、都大会出場を決めた。

こうしたトーナメントの戦いは、どんな形でも勝って、次への挑戦権を得ることが重要だ。八王子はその点では、良しとすべきところだ。しかし安藤監督は「今いる戦力で戦うしかない」と厳しい表情だ。それに新基準のバットになって、ロースコアの試合が多くなり、守備の重要さが今まで以上に増している。「今までなら、守りには目をつぶってということもありましたが、守れる選手を優先することになります」と安藤監督。その結果、打線の迫力がダウンするということにもなる。さらにこの試合では、昨夏は1年生ながら3番を担っていた新井 唯斗外野手(2年)に安打が出なかった。八王子はもともと「ありんこ軍団」と呼ばれるように、全員野球で戦う伝統がある。その意味では八王子らしいチームなのかもしれないが、都大会では、もう少しアピールポイントがほしいところだ。

一方、立教池袋は、「林が投げて、打ってのチームです」と古賀賢之監督が言うように、エースの林が打っては1番打者というチームだ。ただ林は打つ方では当たりが出なかった。その分、4番の宮崎 浩太が2安打を放ち、存在感を示した。林は投げる方ではタテに落ちるカーブに自信を深めたが、直球の精度を自らの課題として挙げた。それとともに、林以外の選手がどれだけ活躍できるかが重要になってくる。それでも、秋と春の都大会に進めなくても、立教池袋は侮れないチームであることは確かだ。

<関連記事>
【トーナメント表】東京都大会・ブロック予選の結果
春季東京大会は一次予選から面白い! 帝京・國學院久我山・八王子が登場! 注目カードをチェック!
【春季東京】帝京が予選から二年連続優勝を狙う!『このままじゃ学舎にも関東一にも勝てない!』冬場の猛練習で基礎を徹底!
春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!
【トーナメント表】2023年秋季東京都大会 結果一覧
【東京】帝京、堀越など秋季都大会を逃した実力校たち

この記事の執筆者: 大島 裕史

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.03.31

新作バッグパックはこれまでになくカジュアルでスタイリッシュ! トレンドにマッチしたバッグにNPB選手たちも納得!

2024.03.31

【春季沖縄大会】与勝がベスト16へ、打撃好調の1番・仲新門 大惺が4打点をマーク

2024.03.31

健大高崎vs報徳学園のセンバツ決勝戦は指導者分業制の先端を行くチーム同士の対戦だ!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカンvol.13』】

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.31

次世代のトレンドはトートバッグ? いまの野球界にマッチした時短バッグとは?

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.04.01

【春季鹿児島大会】鹿児島玉龍が逆転勝ち、錦江湾は先制もあと1歩及ばず

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.16

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?