News

田辺、神宮王者・星稜に大健闘! 21世紀枠22連敗も「ここに帰ってきたい」

2024.03.18


星稜に接戦を演じた田辺ナイン(写真は過去の取材より)

<第96回選抜高校野球大会:星稜4-2田辺>◇18日◇1回戦◇甲子園

21世紀枠で76年ぶりに出場の田辺(和歌山)が、昨年の明治神宮大会優勝の星稜(石川)と大接戦を演じた。最後の最後まで勝敗の行方が分からない緊迫したゲームの結末は、優勝候補に挙がる星稜に軍配が上がった。23年から指揮を執る山下 智将監督は甲子園初勝利となった。

前半は星稜が点を取れば、田辺が追いつく展開だった。2回に星稜が重盗で1点を先制すれば、3回に田辺が岡本 和樹内野手(3年)の適時打で同点に。4回には星稜が敵失で1点を先制すれば、4回に田辺がスクイズで再び同点に追いつく粘りを見せた。

その後、随所に両チームともに守備でファインプレーが飛び出し、開幕戦に続く延長戦も見え始めた9回に、星稜がついに勝ち越す。1死二、三塁から代打の東 汰生(3年)が右前へ2点適時打を放って2点を突き放した。

星稜は守っては先発の佐宗 翼投手(3年)から、戸田 慶星投手(2年)、 道本 想投手(2年)とつなぎ、田辺の追い上げを食い止めた。元日に起こった能登半島地震で被災した地元石川に勇気と希望を与えた。

佐宗は「力んでしまい、自分の投球ができなかった。田辺さんは智辯和歌山を破ったり、京都国際とも接戦しているチーム。侮れないと思っていましたが、予想以上に打てるチームでした」と自分の投球を振り返り「2度目の甲子園だが、甲子園のマウンドは、やはり独特。次の試合までに慣れていきたい」と次戦での好投を誓った。

一塁側アルプス席の大応援団にも後押しされた田辺ナインの奮闘は「勝利」に値するものだった。9回最後の攻撃も一打同点のチャンスを作り、最後まで勝利を諦めなかった。

先発した寺西 邦右投手(3年)は139球、8安打4失点(自責2)の完投。敗れはしたがインステップからの威力ある直球で星稜打線を最後まで苦しめた。「内角をついたり、直球を狙っているのをみて、変化球で外したり自分の投球ができた。夏へ向けて球数を少なくして抑えることができるようになりたい」と敗戦にも胸を張った。

また主将で二塁打を放った山本 結翔内野手(3年)は、多くの人に感謝の気持ちを口にした。

星稜相手に互角の戦いとなり勝負できて、良かったです。自分の力を出し切れたと思います。多くの田辺市民の方が応援にきてくれてとても力になりました。また、夏はまた(甲子園に)行きたい気持ちになりました。ここに帰ってこれるように頑張っていきたい」。

田辺が敗れ、21世紀枠での出場校の初戦は22連敗となった。それでも、甲子園のファンは大健闘の田辺ナインに温かい拍手をやめなかった。

<関連記事はこちら>
【第一試合レポート】センバツ開幕戦は八戸学院光星が延長タイブレーク制す!8年ぶりの初戦突破
◆【センバツ】優勝候補は健大高崎と広陵! 健大高崎は超強力打線&2年生2枚看板、広陵は経験豊富な右腕・高尾に「スーパーエース」の予感!
◆【トーナメント表】センバツ大会 組み合わせ
◆【センバツ組み合わせ】大阪桐蔭・報徳学園・作新学院・愛工大名電が同ブロックで潰し合い!
◆センバツに出場する23人の「高卒即プロ入り」が狙える逸材たち! 登場日、注目ポイントを徹底解説!
◆【一覧】センバツ注目選手リスト

この記事の執筆者: 浦田 由紀夫

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード