News

オープン戦絶不調の阪神、投手陣は大丈夫なのか? OB投手が解説「伊藤、青柳の実績組は安心、門別、岡留も戦力になる」

2024.03.16


青柳 晃洋、横浜高時代の伊藤 将司

昨年、日本一の阪神が13日のロッテ戦で6対1で勝利し、オープン戦の連敗を9で止めた。オープン戦の勝敗はペナントレースに影響しないとはいえ、ようやくの1勝に阪神ファンもほっとしたことだろう。

オープン戦は残り7試合。阪神の投手陣はペナントレースに間に合うのだろうか? 元阪神の投手・福永 春吾氏に語ってもらった。

7失点もあった伊藤は必ず仕事をする投手 青柳は13勝をあげた22年の働きが期待できる

左腕エースの伊藤 将司投手(横浜)がオープン戦当初、苦しい投球をしていた。2月23日の巨人戦では3回7失点、3月6日の楽天戦では4回2失点だった。しかし、福永氏はそれほど悲観する必要はないと語った。
「まず7失点の試合はオープン戦初登板で、まだ打者との駆け引きがうまくできていない時期でしたよね。伊藤投手のように実績を残した投手は、一戦ごとに少しずつ感覚を研ぎ澄ませていき、悪かった部分をどんどん修正できます。開幕に合わせて逆算していると思うので、今の結果を気にする必要は全くないと思います。この失点がルーキーであれば話は別ですが、これまで3年連続でローテーションを守っている投手です。ペナントレースでは普通に仕事をしてくれると思います」

振り返れば「オープン戦ではそんなこともあったな」と思う程度の問題なのかもしれない。

開幕投手を務める青柳 晃洋投手(川崎工科)は順調な仕上がりを見せている。3月8日、ヤクルト戦で4回無失点、6回4安打無失点を見せた。
「青柳投手の良さであるボールを動かしながら、打たせて取る投球ができていました。13勝をあげた2022年のような働きは期待できると思います」

椎葉の二軍落ちは剛球復活へ向けてのチャンス

若手投手は明暗が分かれている。昨年ドラフト2位の椎葉 剛投手(島原中央-ミキハウス-徳島インディゴソックス)は11日に二軍落ちが決定。一軍のオープン戦では4試合に登板して、自責点1と抑えているように見えるが、自慢の直球が走らない。徳島時代は最速159キロ、アベレージでも150キロ台を投げていたストレートも、今では140キロ中盤がほとんど。アウトになっても鋭い当たりのフライが多く、内容は決して良くなかった。
「徳島時代と今のフォームと比べると、動きに躍動感がないのが気になります。これにはさまざまな要素があるかと思います。四球を出したくないのでストライクを欲しがる、結果を求めるあまり小さくまとまってしまう、初めてのキャンプ完走による疲れ、などが考えられます。原因は本人にしかわかりませんが、じっくりと取り組む時間があれば、改善はできます」

むしろ二軍落ちは復活する好機会だ。
「結果が求められ、試合が続く一軍では状態が改善することはないです。心身リフレッシュする時間はないかもしれませんが、それでも一度リセットして、シーズン始まったときに上がっていけるように頑張って欲しいですね」

ペナントレースは3月下旬から9月下旬までの約6ヶ月、143試合もある。最速159キロの剛速球を投げ込める状態に戻せば、一軍での出番は訪れるだろう。

次のページ:岡留、門別は阪神のニューフェイスに!

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード