試合レポート

【練習試合】センバツ優勝候補の一角・星稜の仕上がりは順調! 対至学館

2024.03.15


責任イニングをしっかり投げた星稜佐宗投手

<練習試合:至学館2―2星稜、星稜11―0至学館>◇9日◇至学館高校志段味グラウンド

昨秋の北信越大会を制し、その後の明治神宮大会でも優勝を果たした星稜(石川)。18日に開幕するセンバツでも優勝候補の一角にも挙げられている強豪だ。北陸の石川県金沢市の星稜は、この日、午前5時に出発してきたというが、金沢では雪も積もっていたという状態だったという。解禁となった先週末は、まだ現地では試合が出来る状況でもなかったので、この日が今季初の対外試合ということになった。センバツの組み合わせは大会初日の2試合目、相手は21世紀枠代表の和歌山県の田辺である。日程的にも早いということで、チームの仕上がりもピッチを上げていかなくてはならないということになった。

星稜の先発は昨秋も1番をつけていた左腕・佐宗 翼投手(3年)だ。予定の3イニングを被安打1で0に抑える無難な投球だった。それでも本人は、「出来としては50~60点くらいでした。細かいコントロールとかが、まだ思うようなところに行かないところがありました。大会までには、そこをしっかりと整えていきたい」と、甲子園への思いを語った。また、明治神宮大会で優勝して、チームとしてはセンバツでも優勝候補の一角に挙げられているということについては、「特別に意識はしていません。チャレンジしていく気持ちは変わっていません。それは、皆も同じだと思います」と、平常心での戦いを誓っていた。

投球の組み立てとしては、スライダーを一番の武器としているということだが、ツーシームとカーブにチェンジアップも投げ分けていく、多彩な球種を持ち味としている。

さらには、2人目の新島 星空斗投手(3年)は、代わり端に四球と安打を与えてしまい、スクイズで失点して、ちょっと不安を覗かせた。5回にも米澤 虎徹内野手(3年)に中越え二塁打を浴びるなどしてバントで失点。それでも、3イニング目には自分の投球を取り戻したという感じだった。そして、3人目の戸田 慶星投手(2年)はテンポのいい投球で3イニングを3人ずつでしっかりと投げた。

星稜はオーダーとしては同じメンバーでスタートした2試合目は、1試合をこなして慣れてきたということもあってか、序盤から6番能美 誠也捕手(2年)の三塁打や、2回にも芦硲 晃太外野手(3年)の二塁打に中谷 羽玖内野手(3年)、吉田 大吾内野手(3年)の連打などで追加点を挙げた。星稜打線は、中軸もさることながら1番・芦硲、2番・中谷は積極的に、しっかりと球を捉えてシュアな打撃を示していた。今季からの新基準の飛ばないバットということも、あまり感じさせない打球だったのではないかと思わせる力強いものだった。主将でもある芦硲はこの日は9打席立って、8打数5安打と好調ぶりを示していた。

また、能美捕手も好リードで5人の投手を引っ張り、6番に入っていた打撃でも4安打と気を吐いた。今季の初戦ということを考えれば、星稜としてはいい仕上がりになってきているといっていいのではないだろうか、という印象だった。

至学館は、一昨年秋は2年連続で東海地区大会に進出するなど、甲子園出場も見えてきていたが、シード校として迎えて、期待された昨夏は初戦で西尾に足元を掬われるような形で敗退してしまった。それでも、1年を通じて力のあるチームだったという印象は与えていた。

昨秋の新チームからは、創部当初から長年チームを率いてきていた麻王義之監督が勇退。鈴木健介新監督となって挑んだ。夏の経験者は主将のエガレバ クリントン内野手(3年)以外は、ほとんどいないという状態だった。それでも初戦は、夏のベスト4だった中部大春日丘に終盤にビッグイニングを作って快勝したが、3回戦では東邦に敗れた。
新チームとしては、経験値の不足は否めないところで、まずは春季大会へ向けて、できるだけ多くの経験をしていきたいというのが本音であろう。鈴木監督も、「力はあまりないので、何とかくらいついていく野球をやって行かないといけない」という思いである。

投手陣は、左下手投げの松本 龍誠投手(3年)に、直球に力のありそうな堀尾 映太外野手(3年)、更には左腕で、一見するとぎくしゃくした感じで投げ込んでくる変則タイプの川田 大葵投手(3年)に、右下手投げの串田 拓真投手(3年)と、バラエティーに富んでいる。さらには5イニングで3失点はしたものの、無難に投げた荒川 拓海投手(3年)も、この日の踏ん張りは、ある程度自信にしていってもいいであろうと思われる。

星稜は、翌日も遠征試合となるが、それで一旦は学校に戻り、甲子園へは改めて出発をするということである。

この記事の執筆者: 手束 仁

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.09

【兵庫】県大会組み合わせが決定!報徳学園の初戦は明石清水と尼崎小田の勝者!上位3校が近畿大会に!

2024.04.09

【愛知】県大会の組み合わせが決定!愛工大名電、東邦、星城が同ブロックに!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>