News

モイセエフ、大阪桐蔭に「負けたくない」甲子園練習で強豪の打撃練習を見て

2024.03.15


豊川・モイセエフ

第96回選抜高等学校野球大会の甲子園練習が14日に阪神甲子園球場で行われた。

秋の東海大会優勝の豊川(愛知)はこの日に登場。今大会注目の強打者で、ロシア人の両親を持つモイセエフ・ニキータ(3年)はシート打撃で強烈なセンター返しを披露するなど、上々の仕上がり具合をアピールした。

「楽しかったですね。いつもやっている球場より広くて、空気感も違ったと感じました」と初めての甲子園を満喫したモイセエフ。「最近の練習試合を含めて調子も上がっています。打席から見た球もけっこう見やすくて、試合で打てるという自信はあると思います」と試合に向けて自信を覗かせた。

この前日には大体大浪商との練習試合で高校通算15本目となる本塁打を記録。大会2日目の第1試合に登場ということもあり、大会第1号の期待も高まる。「自分は打率を残したうえで長打が出るタイプ。狙える時は狙って1号のホームランも打てたらいいと思います」と落ち着いて話していた。

1回戦で対戦する阿南光(徳島)は今大会注目の右腕である吉岡暖(3年)を擁する。「真っすぐが146キロで、スプリットにスライダーというキレの良い変化球もあるので、追い込まれる前に自分のスイングをして対応していきたいと思います」と攻略を誓った。

豊川の前には大阪桐蔭が練習を行っていた。優勝候補の一挙手一投足を目の当たりにしたモイセエフは「一人一人の打球が強い。そういったところに自分も負けたくないという気持ちがある」と対抗心を燃やしている。

甲子園デビューとなる今大会ではどんなプレーを見せてくれるだろうか。

<関連記事>
【一覧】センバツ注目選手リスト
【トーナメント表】センバツ大会 組み合わせ
【センバツ組み合わせ】大阪桐蔭・報徳学園・作新学院・愛工大名電が同ブロックで潰し合い!

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード