News

山田遥楓(楽天)が支配下登録! 開幕まで2週間、あと何人が育成から脱出できるのか?

2024.03.13


明豊時代の京本眞、徳島インディゴソックス時代の茶野篤政

12日に楽天が山田 遥楓内野手(佐賀工出身)を、6日には巨人が京本 眞投手(明豊出身)と中田 歩夢内野手(東奥義塾出身)の両選手を支配下登録した。

楽天・山田は支配下登録の経験があり1軍での出場経験もある。巨人の2人、京本は2021年育成ドラフト7位で明豊(大分)から、中田は2022年育成ドラフト4位で東奥義塾(青森)からそれぞれ巨人に入団した。先発としての期待がかかる京本は3年目、遊撃手が本職の中田は2年目で初めて支配下登録された。

両選手ともに、まずは最初のハードルを超えた。次は開幕1軍へ向けて、今以上のアピールが必要となってくる。

昨年は2月1日のキャンプインから開幕までにオリックス・茶野 篤政外野手(岐阜・中京出身)ら4人が支配下登録された。しかし、そのうち3人はいずれも支配下登録の経験がある選手で、純粋に育成ドラフトで指名を受け初めての支配下登録となったのは茶野1人だけだった。茶野は支配下登録だけでなく、開幕1軍、さらには開幕スタメンも勝ち取り、シーズンを通じて91試合に出場。途中、故障で離脱した期間もあったが優勝に貢献した。

2022年は阪神・渡邉 雄大投手(中越出身)ら9人が開幕前に支配下登録された。そのなか、育成ドラフトで指名を受け初めての支配下登録となったのはロッテの小沼 健太投手(東総工出身)と佐藤 奨真投手(関東一出身)、楽天の小峯 新陸投手(鹿児島城西出身)の3人だけだった。

開幕前に初めて支配下登録の座を勝ち取るのは容易ではないが、昨年の茶野のように、いきなり1軍で活躍する選手もいるのは見逃せない。

開幕まであと2週間と少し。オープン戦の中盤まで1軍に帯同している育成契約選手にとっては、開幕前の最後のアピールチャンスとなる。

京本、中田に続いて初めて支配下登録を勝ち取る選手は現れるだろうか。育成選手たちのプレーにも注目したい。

次のページ:2月1日〜開幕までに支配下登録された育成選手一覧

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 勝田 聡

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.30

【熊本】開新が延長戦の末に熊本工に勝利し、ベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.30

【センバツ4強戦力分析】昨夏の甲子園初戦敗退で「守備の星稜」へモデルチェンジ! 悲願の甲子園優勝へのカギは3,4番の復活!

2024.03.30

【長崎】創成館、長崎総合科学大附などがベスト16入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【大分】大分商、柳ヶ浦、藤蔭、佐伯鶴城などが8強入り<春季大会の結果>

2024.03.29

【徳島】徳島商が鳴門を破って8強入り<春季大会の結果>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.24

【春季東京大会一次予選】イチローが指導した都立新宿が都大会へ進出!レジェンドの言葉「やるのは自分たちだよ」を胸に刻んで

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】