Interview

主砲・モイセエフも「理想のキャプテン」と信頼度100%! 鈴木貫太(豊川)は甲子園でも守備で魅せる!

2024.03.09


鈴木 貫太(豊川)

10年ぶりにセンバツに出場する豊川(愛知)。昨秋は東邦宇治山田商愛工大名電高知など強豪校を破って、東海大会優勝、神宮大会ベスト4まで勝ち上がった。勢いづいたら止められない打線や、14試合で41盗塁を記録した機動力も魅力である。

打撃の要はドラフト候補・モイセエフ・ニキータ外野手(2年)だが、守備の要は、主将・鈴木 貫太内野手(2年)だ。遊撃を務める鈴木はフットワークが軽快で、しっかりと両足を動かして、打球を裁いていく。昨秋の神宮大会でも好守備を見せ、スタンドを沸かせていた。

マネージャーだった姉の薦めで豊川へ

鈴木が豊川を志望するようになったのは野球部のマネージャーだった姉の存在がある。中学校時代は豊川のグラウンドを訪れたこともあり、長谷川 裕記監督からもマネージャーの弟という認識でかわいがってもらっていた。

姉からは豊川の良さを聞いていた。
「自分は『地元でもある東三河地区の強豪校に進学して、そこから甲子園に出場したい』という目標がありました。
姉から豊川の話をいろいろ聞いていました。やはり設備が素晴らしいですし、寮がグラウンドに近いので、夜になっても練習ができる点がいいと思いました。また練習の雰囲気も含めて、自分に合っていると思ったので、決めました」

鈴木は1年生からベンチ入り。打撃面では高校のレベルに戸惑い、苦労したようだが、「守備についてはずっと自信があったので、高校に入ってもこなすことができました」と胸を張る。その背景としては岡崎葵ボーイズ時代から取り組んできた捕球練習が大きいという。
「今日(取材日)でやっていた捕球練習に近いメニューを中学時代からずっとやってきて、そこで守備の基礎ができたかなと思っています」
実際、鈴木が捕球練習に入ると、コーチから「お手本にするように」と指示が飛ぶ。部員たちは、鈴木の捕球動作を食い入るように凝視するのだった。

昨夏は2番ショートとしてスタメン出場するも、愛知県大会準々決勝で敗退。レギュラーはモイセエフと鈴木のみという戦力が大きく入れ替わった新チームで、主将に抜擢される。

鈴木 貫太(豊川)

次のページ:最初の練習試合で勝てず悩むも、今ではチームメイトが信頼を寄せる理想のキャプテンに

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】