Column

驚異の奪三振率13.94!埼玉に現れたドクターK・冨士大和はオリックス・田嶋大樹を彷彿とさせる逸材!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.03.07


冨士 大和(大宮東)

今年の埼玉を代表する左腕が大宮東冨士 大和投手だ。
184センチ78キロと恵まれた体格から投げ込む直球の最速は140キロ。突出した球速ではないが、次々と三振を奪う。

昨年の春季大会では、43.1回を投げ、57奪三振、夏の大会では14.1回を投げて、15奪三振、秋の県大会では埼玉平成戦では13奪三振完封、聖望学園戦では9.2回を投げ、19奪三振を記録。1年間の県大会で、67.1回を投げ、104奪三振。奪三振率13.94とドクターKに相応しい成績を残している。
兄の冨士 隼斗投手(日本通運)は平成国際大時代、最速155キロ右腕として注目された存在だ。

三振を奪う要因となっているのは出どころが見にくい投球フォーム。肩、肘の柔軟性があり、左腕を外旋させながら、サイド気味に投げる。体の近くで、コンパクトに腕を振る投手が多い中、かなり特異なフォームをしている。プロ野球だとオリックス・田嶋 大樹投手(佐野日大)に近い。

実際にネット裏から見ても球筋が全く見えない。11月、埼玉県の南部選抜に選ばれ、北部選抜の試合で先発した冨士は3回5奪三振の快投を魅せた。北部選抜の4番でスタメン出場した中村 謙吾投手(熊谷商)は冨士の球筋の印象について次のように語る。
「いろんな投手と対戦していますけど、一番球筋が見えない投手でした。変化球も良いので、打てない投手ですね」

冨士の良さはストライク先行ができて、投球のテンポも非常に速いこと。優位に投球ができるため、あっという間に三振を奪っていく。直球だけではなく、スライダー、チェンジアップの精度も高い。

冨士の特徴である変則フォームが生まれたのは自然の成り行きだったという。
「リリースの角度は中学2年生の時から無意識に落ちてきて、それを直さず、投げやすい位置を見つけたら、今の状態に至りました。下半身の連動性については兄からたくさんのことを教わって、調整してきました。中学の先生は自分の特性を理解してくれて、フォームを直さず、それ以外の投手として大事なことを教えてくれたので、感謝しています」

腕を外旋させる投手にありがちなのが、内旋する投手と比べて、体から遠い位置で投げるため、リリースポイントが安定せず、制球力を課題に抱える投手が多い。
冨士の場合、ストライク先行ができて、リズムも良い。自分にとって投げやすい自然なフォームによって、制球力の良い変則派となった。

冨士の目標は高卒プロを実現できる実績を残すこと。その思いを強くしたのは兄・隼斗投手の存在だ。
「自分にとって目標であり、憧れ。いつか超えてみたい存在です。その兄はプロから指名されなかった。改めてプロへの道は厳しい世界だと痛感しています。それでも目標はプロ野球選手なので、それを実現できるように頑張っていきます」

冨士の投球スタイルは他の投手にはない強みがある。左スリークォーター気味のフォームも平均的な投手から逸脱している。
怪我なく、今の投球スタイルのまま、球速、球威をベースアップして、圧倒的なパフォーマンスを残せば、高校生最上位左腕の評価を得られる可能性を持っている。

<冨士大和 (ふじやまと)>
左投げ左打ち
さいたま市立三橋中出身

埼玉の中学軟式野球の選抜「埼玉西武ライオンズジュニアユース」第二期メンバーに選出される

大宮東入学後、公式戦では2年春からエースとして活躍
2年春 43.1回を投げ、57奪三振
2年夏 14.1回を投げて、15奪三振
2年秋 19奪三振

兄・冨士隼斗投手は最速155キロ右腕として平成国際大時代は大学日本代表候補に。現在は日本通運でプレー

*********************
『高校野球ドットコムYouTubeチャンネル』でも冨士投手の動画を公開中!
<大宮東・冨士大和の出所の見づらい独特フォームの秘密>

<関連記事>
◆【一覧】高校生注目選手リスト34人
◆【一覧】2024年ドラフト候補 高校生リスト

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】