Interview

指導者資格回復した清田育宏氏が語る将来の夢とロッテへの想い「子供たちに野球をやってよかった、と思える場所を作りたい」

2024.02.27


清田育宏さん(写真:本人提供)

千葉ロッテでは2010年から11年間、第一線で活躍し、昨年は独立リーグ・BC武蔵でプレーした清田育宏さん(市立柏出身)。3年前にトレーナーの資格を取得したのち、今年2月には学生野球資格回復審査の認定を受けた。
今後は少年野球から高校・大学、独立リーグなど幅広いカテゴリで、野球の指導に従事していく。今回は「野球を教えるのが好き」という清田さんに今後の抱負を語っていただいた。

「現役の頃も子どもたちへの野球教室に講師として参加したり、BC武蔵でプレーする前の2年間も野球アカデミーで、小中学生に野球を教えていました。でも、人に野球を教えるのは本当に難しいことだとその時に痛感しました。それでも、その子ができないまま指導を終わらせたくなくて、やるからには真摯に向き合いたいと思ったんです。
できるだけ早いうちに、自分のアカデミーをスタートさせて、そこで教えた子どもたちが、野球をやっていて良かったと思ってもらえるような場を作っていけたらいいなと思っています。
また、いずれ中学の部活動がなくなった時に、自分のアカデミーが平日練習ができる場所の一つの選択肢になればいいですし、野球ができる環境が減ると、野球競技人口も減るので、そういった面でも貢献出来たらと考えています」

根性論と理論、どちらも良いところを大切に

市立柏高ではエースで3番として活躍。しかし、東洋大に入学後は3年間公式戦に出られず、悔しさを味わった。当時は野球を辞めようと思った時もあったというが、4年時に投手から野手に転向してから一気に素質が開花。NTT東日本入社2年目で、千葉ロッテからドラフト指名を受けるとその後、長距離打者として結果を残してきた。

「僕は野手としての経験が浅かったので、プロに入ってからも必死で練習してきました。自分で考えて取り組んできた中で分かったことを今の小中学生にも伝えていきたいのですが、その子たちが高校や大学に進んでからでもいいので、『あの時、清田があんなこと言ってたなぁ』とか、自分の言葉が成長のきっかけになってもらえたらいいなと思います」

子どもたちに野球指導をする清田育宏さん(写真:本人提供)

また、今の野球界の指導に対しても思うことがある。

「野球の考え方も、僕が学生だった時よりもかなり変わってきています。昔のように、試行錯誤しながら自分にとっていいものを見つけていく時代から、今は『これをやればこうなる』っていう答えがすぐに出てきてしまう時代になりました。だから、選手たちも、これは無駄な練習でしょと考えがちなんですけど、僕からすると、いろんなことに取り組んだからこそ学べたこともたくさんあります。
例えば、2時間打ちっぱなしの練習も当時はありましたけど、今はそういうのはないですよね。2時間打って何の意味があるの?ってみんな思うと思います。だけど、2時間打つ中で、疲れた時に体の力が抜けて打てた時の感覚とか、そこまでいかないと分からないこともいっぱいあったんですよね。今はそれが根性論だと捉えられてしまって、何でも理論的になりすぎています。だけど、頭でわかっていても体が動かなかったら意味がないと思うんです。脳がわかっていても、体が動かなかったら意味がないので。もちろん昔は根性すぎた部分はありますが、僕は練習をたくさんしてわかったことがあるので、それを今の子どもたちにも伝えられる部分は、伝えていきたいです。理論を大事にしすぎて、頭で考えすぎても上手くはならないことを」

改めて11年間、NPBでプレーしてきた清田さんに、一流選手になるための条件を聞いてみた。

「自分自身の分析ができて、考える力があって、努力ができるなら、プロでも結果を残し続けられると思います。例えば、大谷翔平君がこれをやっていると聞けば、日本の選手はすぐにそれを取り入れたがりますが、本当に自分にそれが合っているのか?もしくは、もっと違うことに取り組まなくてはいけないのではないか?など人によって違うと思うんです。
山本由伸君も、大谷君もやっていることは一緒ではなくて、自分の体に合ったことを選んで取り組んでいるはずです。自分の特徴を知って練習に打ち込めるからこそ、高いパフォーマンスが発揮できる。高校生は特にそうですけど、ある程度力がついてくると、YouTubeを見たりとか情報を得ることが増えすぎて、見様見真似でとにかく取り入れていては、本当に自分のものにはならないと思います。自分にとってこれはいいけど、これは合わないと判断していけると成長が早いと思います」

今季の千葉ロッテを占う

昨年、BC・武蔵でプレーしていた清田育宏さん(写真:本人提供)

そんな清田さんに、今シーズンの千葉ロッテについて意見を伺った。
「昨シーズンは2位でしたが、僕がいたころとはメンバーもだいぶ変わってきていますが、同期の荻野貴司をはじめ、中村奨吾や益田直也などの力は大きいと思います。若手だけでは絶対に勝てないし、勢いだけでは勝てない。ホームランバッターが9人揃っても勝てるものではないので、バランスが大事です。そういった面では今、ロッテはバランスが取れているので、去年のような野球ができれば今年も上位は狙えると思います。個人的には、一緒にプレーしていた今江敏晃さんが楽天の監督になられたので興味深いですね」

また、今シーズンも注目の佐々木朗希投手については、
「佐々木君は去年WBCで投げて、あれだけのピッチングができたらメジャーでチャレンジしたいと思うと思うんですよね。大谷君や山本君、吉田君などの活躍がすごく刺激になっていると思います。選手としての気持ちもわかりますし、一方で球団側の気持ちもわかるので、今回の選手会脱退についても報道で知りましたけど、佐々木君はおそらく1年でも早く向こうに行きたいのかなと感じますね。佐々木君にとっても、球団にとっても納得のいく契約更改ができたらいいんじゃないかなと思っています」とコメント。

2024年は、野球指導者として新たな道を歩み始める清田さん。今後の野球界の発展に向けて、全力で尽力していく。

<関連記事>
【一覧】学生野球資格回復者(NPB出身)
【一覧】学生野球資格回復者(独立リーグ出身・その他)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

大阪桐蔭2年生・中野大虎のフォークがエグすぎた 「高校生レベルのボールじゃない」【センバツ・輝きを放った逸材たち】

2024.03.23

【福岡】福岡がタイブレークの末に初戦を突破<春季大会の結果>

2024.03.18

進学校対決は、「恐るべき9番打者」の活躍で青稜に軍配!【東京春季大会一次予選】

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.19

遂に適用される新基準バット 企画・開発担当者が込めた思い 「安心して使ってもらたい」

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.26

ポニーリーグの球春告げる関東大会が開幕! HARTY氏の大熱唱で協会創立50周年が華々しくスタート! 「まさにプロ野球さながら」

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>