Column

安樂智大が渡る「メキシカンリーグ」の現実とは…「給料未払い」「武装警官」「トラックの荷台で移動」「1日でクビ」「最高月給は100万円」

2024.02.25


U-18世界野球選手権大会日本代表当時の安樂智大

前楽天の安樂 智大投手(済美)がメキシカンリーグの強豪・ディアブロス・ロホス・デル・メヒコ(英語名:メキシコシティ・レッドデビルズ)のキャンプの招待選手になったことが報じられた。同チームは通算22回のリーグ優勝を誇る強豪だという。

メキシカンリーグでプレー経験のある2人の日本人選手に契約、治安の話、レベルなどメキシコ野球のリアルについて話を聞いた。

契約ミスでメキシコのマイナーリーグへ

2016年、メキシカンリーグの下部リーグの「Rojos De Caborca」でプレーしていたのは冨田 康祐氏。2012年から2014年までDeNA、2015年はMLBのレンジャーズとマイナー契約を結び、マイナーリーグでプレー。翌年、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズで自主トレしていたときに、メキシカンリーグの話が舞い込んできたという。
「『メキシコのチームが日本人を探している』とアメリカから日本、そして香川に入ってきたんですね。元々僕は海外でプレーしたいという希望があったんです」

冨田氏はアメリカの代理人とメールでやり取りをしながら、開幕1週間前に契約が決まった。しかしここで行き違いがあった。冨田氏と代理人の認識はメキシコの最もレベルが高い「メキシカンリーグ」の契約だった。しかし球場に到着するとどうもおかしい。
「どう見ても雰囲気が違うな、と思いました。いろいろ調べ、球場にいた選手に話を聞くと、(メキシカンリーグの下部にあたる)マイナーリーグということでした」

この行き違いはなぜ起こったのだろう。
「まず選手がほしい旨をメキシコ球団のGMがアメリカの代理人に話をしますが、メキシコはスペイン、そしてアメリカは英語ですから、交渉にはどちらもできる通訳が入ります。しかし通訳がうまく解釈できず、伝言ゲーム状態になる。だから当初の話とは全く違う内容になってしまったようです」

メキシカンリーグ時代の冨田康祐氏(左)

給料未払いで移籍を決めると…「すぐ払うから!」

結局、冨田氏がそのチームに在籍したのは1ヶ月ほどだった。結果を残せなかったのではない。開幕投手を任されたり、奪三振トップに輝くほどの活躍をしていた。しかし、給料が支払われなかったのだ。そのタイミングで、台湾プロ野球のオファーが舞い込んだため、メキシコを離れることにした。
「給料も払われていないので『もういいかな』と思いました。台湾に行くことと、給料が払われないことを話すと、現場の人間はみんな驚いていました。『すぐ払うから!』といってくれたのですが、すでに台湾に行くことが決まっていました」

最終的に給料は支払われたようだが、こういうことも起こるのがメキシカンリーグである。一方で、メキシカンリーグは日本人選手の需要が高いという。
「間違いなく高いですね。僕が所属していたチームは日系企業が多い街と聞いていたので、日本人を求めていました。メキシカンリーグには“外国人枠”があり、その中でNPB経験者を求めている球団は多くあります。
トップリーグのチームの助っ人枠の選手には、月100万円が入るとも聞いています。過去には荒波(翔・元DeNA)さんもプレーしていましたし、現在は僕も日本で一緒にプレーしていた乙坂(智・元DeNA)もプレーしていて、NPBでの実績があるのは大きなアピールです。安樂投手もそこに入ったのかなと思います」

昨年、楽天の一軍で57試合登板した安樂は、メキシカンリーグに挑戦した日本人選手では屈指の大物ということになるだろう。ある程度生活の保障がされるのは間違いないだろう。

冨田氏が所属していたメキシカンリーグのチーム写真

次のページ:
『気になる治安、球団からは「球場の往復以外は責任は持たない」と通告』
『メキシコ選手ですら入団をためらうチームも…』
『「打高投低」、変化球が曲がらない、1日でクビになる』

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.28

大阪桐蔭、大会NO.1右腕に封じ込まれ、準々決勝敗退!2失策が失点に響く

2024.03.28

中央学院が春夏通じて初4強入り、青森山田の木製バットコンビ猛打賞も届かず

2024.03.28

【センバツ準々決勝】4強決定!星稜が春初、健大高崎は12年ぶり、中央学院は春夏通じて初、報徳学園は2年連続

2024.03.28

健大高崎が「機動破壊」以来、12年ぶり4強、山梨学院は連覇の夢ならず

2024.03.28

星稜・戸田が2安打無四球完封で初4強、阿南光・吉岡はリリーフ好投も無念

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.24

【神奈川】桐光学園、慶應義塾、横浜、東海大相模らが初戦白星<春季県大会地区予選の結果>

2024.03.23

【東京】日本学園、堀越などが都大会に進出<春季都大会1次予選>

2024.03.27

報徳学園が投打で常総学院に圧倒し、出場3大会連続の8強入り

2024.03.25

異例の「社会人野球→大学野球」を選んだ富士大の強打者・高山遼太郎 教員志望も「野球をやっているうちはプロを狙う!」父は広島スカウト

2024.03.08

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】